記事一覧

ピアノをマッサージしているわけではない!

適切な打鍵/タッチについて、”深く打鍵したほうが良い”というかたと、”浅く打鍵したほうが良い”というかたがいますよね。
どちらが正しい/間違っているというわけではなく、音の好みや奏法等々色々あるのでしょう。
ただ、共通しているのは”鍵盤を押し込んではいけない!”という考えかた

鍵盤を押し込むとは、、打鍵して音が鳴った後も(ギュウギュウと)鍵盤に圧をかけ続けること(で認識あっていますでしょうか?)
(;´Д`)
YouTube等に実演付きで解説された動画が色々アップロードされていますが、、
「こんなひと、いないでしょ?!」と思うくらいに(演技が)オーバー過ぎて…あまり実感がわきませんでした。
※マッサージ師?ピアノのツボでも押しているの?と言いたくなるくらい押し込んでいる


打鍵して音が鳴ったあと、さらに押してもクレッシェンドされるわけではない
ピアノの構造や音響学を用いて説明されなくても、そのくらいのことは誰でもわかります。

問題は押したくて押しているのではなく、押してしまう。北海道弁で言うと「押ささる(おささる)」
※「~ささる」は自分の意志とは無関係にしてしまう、なってしまうこと。めちゃくちゃ便利な方言です
(* ´艸`)クスクス

先日、ツェルニー30番18曲目が合格し、喜び勇んで動画を撮影したのですが…見事なまでに指弾きのハイフィンガー!
そして鍵盤を押し込んでいるように見える。。。

正しい鍵盤を押し込む実例?!↓
(;´Д`)



自分の演奏動画を見返すと、まず
1、腕の力が抜けていない
2、(そもそも)重心が低い
3、打鍵した指に重心が乗ったまま、つぎの音を打鍵している


1、腕の力が抜けていない
つまり「脱力」が出来ていないということでしょうかね。
指や手首のちからを抜くことはそれほど難しくありませんが、腕全体の力を抜くことを容易ではありません。。
とくに古典派の作品のように音数の多いパッセージでは、つぎ弾く音のことで頭がいっぱい!心に余裕がなくてからだも硬くなってしまいます。
※ピアノのフォームに見る中級者と上級者の差は腕の使いかたな気がします。

2、(そもそも)重心が低い
3、打鍵した指に重心が乗ったまま、つぎの音を打鍵している
先生から「右手が落ちている」「手首が折れている」と指摘を受けるのですが、、確かに右手の重心が低い
これも「はやくつぎの音を弾かなければ」という意識からくるのかもしれません。
結局、重心が低いから指/手/腕があがらず、そのまま打鍵してしまう。そしてハイフィンガー気味になっている…ということでしょうね。


原因がわかってもフォームを修正するのは大変。
でも、意識するとしないとでは大違い(だと思う)ので、少しずつ直せたら良いな。。

もうすこし練習してから、ツェルニー30番の合格したよ!という記事をアップしたいと思います。
たぶん指弾きハイフィンガー&押し込んでいるのは直っていない
(;´∀`)

現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

井上陽水「吹雪、吹雪、氷の世界」を体現しております。
(;´∀`)
ただ、(近年は北海道も湿度が高いですが)梅雨がなく、台風もほとんどこないので快適といえば快適な土地ですよ。
1軒家の方は除雪が大変ですが、私はアパート住まいなので気楽なものです♪

>支えの力をしっかし使って弾いてらっしゃる
ありがとうございます!
本当に、、ピアノって難しいですよね。
「腕の重さを鍵盤に伝え、指や手やしっかりと支える」と言いながらも「鍵盤を押し込み、無理に圧力をかけてはいけない」
圧力をかけないよう意識し過ぎると音が浮くし、しっかりと歌うよう意識し過ぎると鍵盤に必要以上の圧をかけてしまう。

微妙なニュアンスに伝える側の難しさも感じますが、それを理解して実践するのも難しい
結局は自分なりの答えを見つけるしかないのかもしれませんよね。

>「手首が折れている」
骨折!!!それは重症ですね(´∀`*)ウフフ
子供の頃は重心の移動など全く意識していなくて、むしろあまり動かないほうがカッコいいと思っていたくらい
スケールもアルペジオも指先だけを動かしていました。

「鍵盤に体を預けるように少し前傾に」「手や腕を前(鍵盤奥側)にとり、その反動を使ってつぎの音を弾く」
など、前後/左右、縦横無尽に動き回るよう指摘を受けて、、、大苦戦中です。
(;´Д`)

>自分に合う重心移動って、何度もいろいろ試してたどり着く気がします。
本当にそうですよね。まずは恐れずトライすることが大切ですね!
※気がついたらいつの間にか昔の癖が…
頑張って、修正したいと思います!!!!

かつさんこんばんは。
打鍵って難しいですね。私は音が弱い(お世辞で優しい音と言われる)のが悩みですが、先生によると「打鍵に勢い、スピードがない」離鍵も「遅い。用が済んだらさっさと離れて」。

でも、別の先生には「もう少しぐっと押し込んで」と言われたこともあります。

スピードあげるとタイミングが合わなくなり… あ~むずかしい(*`Д´)ノ!!!

Re: タイトルなし

momokaoyuyuさん、こんにちは
コメントありがとうございます!!

>お世辞で優しい音と言われる
凄くわかります!!
皆さん優しいので、私の貧弱な音を「優しい音」「柔らかい音」と良い感じに受け取って下さるのですが、、
自分のなかでは力強い音を出したかった、情熱的にカッコ良く演奏したかったのだけれど...と思うことがあります。
ただ、打鍵の問題だけでなく性格等もあるのでしょうね。それも個性?!
(;-ω-)ノ

打鍵/離鍵は同じようなことを指摘されます。
「しっかりと深く打鍵して!」といわれたり、「鍵盤を押し込まないで」といわれたり...微妙なさじ加減が私には難しい
(;´д`)
打鍵って奥が深く、難しいですよね。

お互い、励まし合って頑張りましょう。。
ヽ(*´▽)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング