記事一覧

インベンションは牛歩の歩みで

バッハインベンション第2番合格しました!

今年6月に読みを開始しているので、今回も合格まで半年か

第2番は大好きな作品なので飽きることは全く無かったのですが、何をそんなに手こずっていたのか今となっては分かりません!!
※自分のなかでは先々月くらいから良い感じに仕上がっていたように思うのですけれどね。
(;´Д`)

インベンション第2番の難しいところは
・ひとつのテーマ(モティーフ)が長い
・右手左手が交互に追いかけるカノン形式で書かれている
でしょうか?!どこを切り取っても美しい旋律なので思わずどちらも強調したくなり、結果どちらも聴こえてこないという…
(;´Д`)

あと、短いトリルが多い!
テンポを崩さずトリルを弾くのは本当に難しいですよね。
先月までツェルニー30番(第17曲目)でロマン派トリルのような前打音を練習していましたが、どちらも難しい
-----
トリルの最初を拍の頭にあわせて弾くバロック/古典派のトリルとトリルの最後を拍の頭にあわせて弾くロマン派以降のトリル
同じトリルでも音楽全体の印象が大きく変わりますよね?!

トリルの最初を拍の頭にあわせるとその音(1音目)自体が飾りにのように聴こえ、
トリルの最後を拍の頭にあわせるとその音(1音目)を飾っているように聴こえる、、言いたいことが伝わるかしら?
(;´∀`)?
-----

またトリルと反対側の手もトリルにつられテンポが崩れやすいので注意が必要!
音が転ばないよう、テンポが崩れないよう注意深く音を聴きながら弾くと、、、トリルがぐちゃっとつぶれる。
堂々巡りよ!!!!
(´Д⊂ヽ

つぎはインベンション第4番、第2番に引き続き大好きな作品♪
今月はピティナステップ参加のためショパンのワルツに全力を注ぐ予定ですが、来月からまた頑張りたいと思います



現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

No title

おお~~インベンション素敵ですね。上品で優しいピアノの音と曲がマッチしている感じです。
次は4番ですか。2番よりは遙かに易しいと思いますよ。
装飾音はわたしも常に苦労しています^^;
お互い頑張りましょう!
※作曲家のバトン、ご紹介ありがとうございましたm(__)m

Re: No title

ねこぴあのさん、こんにちは
いつもコメントありがとうございます!!

猫さんに邪魔され、何度も中断しながら撮影したので少し焦っているような演奏ですが…
久しぶりに自分のピアノを弾くことが出来て楽しかったです♪

>上品で優しいピアノの音と曲がマッチしている感じ
やっぱりこの音が気に入って購入したので、それを生かせる演奏を…
というのは難しいですが、そういっていただけると嬉しいです♪

インベンション4番はながーーーーいトリルがあるんですよね?!
大丈夫かな(;´Д`)?!
またそこで苦労しそうですが、、好きな作品なので楽しんで練習します

ねこぴあのさんの平均律も楽しみ!
あまり聴いたことがないので平均律1巻6番の動画、楽しみにしています♪

素敵です

インベンション、私も上品な感じが素敵だと思いました‼️かつさんのピアノに対する真摯さも表れていると思います。上品さや丁寧さはショパンの「別れのワルツ」にも共通する部分だと感じています。私だと雑になったり、大仰な感じになってしまうので、人前でなかなか弾けません(笑)

トリルはいざ独学でやると、やり方がわからず適当になっていたので😅、とても勉強になりました。ありがとうございます♪

Re: 素敵です

ブログバレた人さん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

拙い演奏を聴いていただきありがとうございます!
ここを直せば、あそこが崩れて…ともぐらたたき状態で、2ヶ月前に撮影した動画のほうが良かったのですが、せっかくなので(悔しいので)こちらをアップしました。
(;´Д`)

私も結構、、いやかなり雑ですよ!!
(*´艸`*)
猫さんをなだめながらも10回ほど弾きましたが「なぜ、普段から丁寧に練習しなかったのだろう」と反省しきり!
『別れのワルツ』も(ステップに申し込んだ手前)あれこれ悩んで練習していましたが、、三拍子の意識が足りないことに気が付きました。
色々遠回りして原点に戻る。。

バッハがどのように弾いていたのか、音源がないのでわからないですが、、、一般的なのは記事にした弾き方だと思います。
※そういえばスカルラッティはあまりトリルが登場しないイメージ、、おしゃれに勝手に加えてもいいかもしませんね!

ワルツは難しいですよね😓

Op.64No.2の場合、楽譜に「正確な速さで」という指示があり、先生には三拍子を感じて(特に一拍目)と言われましたが、ご存じだとは思いますがOp.64No.2同様、「別れのワルツ」はワルツの形式ではあるものの、舞踏用ではなくワルツという形を借りたショパン個人の感情を表現したものなので、三拍子を意識しすぎると、ちょっと違う感じになるような気がしています。かつさんなら大丈夫だと思いますが😅後半舞踏っぽい箇所があり、ここは踊りを意識しても良いのかな?難しいですよね、ワルツとの塩梅が…。第二部はマズルカ風ですし、ポーランド感も感じられ…。

スカルラッティのアドバイスありがとうございます♪オシャレにトリルが付けられれば良いのですが(遠い目)

Re: ワルツは難しいですよね😓

ブログバレた人さん、こんにちは
コメントありがとうございます!

華麗なる大円舞曲などは文字通り華やかでTHE・ワルツ!という感じですが、ワルツ第7番や第9番は感傷的でたっぷり歌いたくなりますよね。
でも歌いすぎると前に進まない感じがして…
左手で踊り、右手で歌うがベストアンサーなのかもしれませんがどちらにしても難しいですね。

フォンタナ(ショパンの親友であり、作曲活動を助けたひと)の校訂版を使用していますが、中間部/後半部は2拍目にアクセントがあって、そのまま楽譜通りに弾いてもマズルカっぽくなります♪
どちらかというとマズルカのほうが得意?なので楽しいです。
(;´∀`)気のせいかも

確かに三拍子の作品って難しいですよね。センスが問われるというか…
でも個人的にはあまり難しく考えず、楽しんで弾く!多少変でも個性ということにしています。
(*´艸`*)

ブログバレた人さんのスカルラッティ、すごく素敵ですよ!また聴かせてください♪

拍手のところにコメントしてしまいました;

いつも忙しい中、丁寧なコメントありがとうございますm(> <)m

> 歌いすぎると前に進まない

感じなるほど!とても大事な視点だと思いました!私が使用しているのは全音の楽譜で、Lento表記なんですよね🧐曲の冒頭のクレッシェンドとデクレッシェンドが、"後髪を引かれる"イメージになってしまって😅(再会を期待しつつ)別れたマリアさんが「我が悲しみ」としてずーっとショパンの心に残っていたのかなと思うと軽く流せないなという解釈でした。暗い曲ではないのですけどね😅「表情豊かに」という指示に引きずられ過ぎているかもしれません。

でも、ショパンの自筆譜は「ワルツのテンポで」とのこと。ワルツの"リズム"も大事ですが、"テンポ"を考えると、再会への"期待"の方が大きく、前向きさを感じますね‼️かつさんの解釈で全然大丈夫だと思います‼️すみません、ショパンの話題でないのに…💦マズルカが得意なのは羨ましい‼️過去にショパンのマズルカ弾いてましたよね!軽やかさもあり、良かったです🙂ぜひ大切にしてください👌✨スカルラッティは現在ベートーヴェンに取り組んでいるので、ひと休みです😅

Re: 拍手のところにコメントしてしまいました;

ブログバレた人さん、こんにちは
ピアノWeb発表会のご参加ありがとうございます!

拍手のコメント、まぎらわしいですよね。お手数をおかけして申し訳ありません!
※私も拍手のコメントをどのように返信して良いのかわからず…FC2のバグみたいな機能ですよね。
(;´∀`)

私も全音の楽譜を持っています、というか最初は全音の楽譜で練習していました。
※ショパンの直筆ともフォンタナ版とも違いますが、全音版校訂の曲想も魅力的ですよね。
↑30年前の楽譜なのでもしかすると違うかもしれませんが…

>暗い曲ではないのですけどね
この作品をちゃんと勉強されているのですね、さすが!
出会って間もない頃(恋が始まるくらいのときに)作曲されたんですよね。
最近までショパンとマリアの一生の別れを想像して弾いていました、、お恥ずかしい
(;´Д`)

>ワルツのテンポで
この標語難しいですよね、そもそもワルツのテンポって…?なのでワルツらしく弾くのかなと勝手に想像しています。
いまはベートーヴェンを練習されているのですね!私もベートーヴェンの作品を弾きたいけれど、、難しい&長くて心が折れてしまいます。。
今度お会いしたときに聴かせてください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あれ?

ブログバレた人さん、こんにちは
コメントありがとうございます!

ごめんなさい!!私が書き間違えました。
お恥ずかしい(;´Д`)
紛らわしくて申し訳ありませんでした!
リアルの弾きあい会で聴かせてください!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング