記事一覧

第9回ピアノWeb発表会 Vol.6

今年もピアノWeb発表会の季節になりましたね♪

ご参加いただきました皆さま
ご視聴いただきました皆さま
本当にありがとうございます!!

5年目も皆さんと一緒にイベントを開催することができて本当に嬉しいです♪
いつまでも初心を忘れることなく、「ピアノが好き」という気持ちのまま10年、20年を迎えられるたら良いですね。
今回のテーマは『はじまり音楽』と『絵画と音楽のある風景』
『はじまり音楽』はプレリュードや曲集の最初、はじめてひと前で演奏した作品など思い出の詰まった曲がいっぱい!
『絵画と音楽のある風景』はイメージを膨らませて選ばれた魅力あふれる作品の数々♪

------
今回は下記7回に分けで更新していきます
09:00、10:00、11:00
13:00、14:00、15:00、16:00
------

この週末は素晴らしい音楽とともにゆっくりとお過ごしくださいませ♪


★★★★プログラム 16 番★★★★

【ピアニスト】:MrBachLoverさん
【曲名】:前奏曲 op.3-2 「鐘」
【作曲家】:ラフマニノフ
【コメント】:こちらの曲は5年前、初めての発表会で弾いた曲になります。
ピアノは中1から独学でしたが、40歳の頃。はじめてピアノを習いました。発表会に出たかったのですが先生からあっさり、はい。
まだ早いですねー。チーン。
結局42歳までの2件間習いましたが発表会に出ることはありませんでした。
50歳になってまたピアノを習いはじめまして、初めての発表会で弾いたのがこの曲です。この動画は発表会前日の収録になります。
発表会もまーまー弾けて、先生にめっちゃ褒めていただきました。
この頃、まだ電子ピアノ環境しかなくて、付き1~2回(1回1時間)スタジオを借りてグランド弾いてました。
今聴くとタッチが硬いですねー。(汗)
タッチが硬いところ、うまく弾けてないところを含めて、味のある演奏で今でも大変気に入っています。
選曲理由)選曲理由は、現代ピアノの性能をフルに発揮できる曲だからです。fffの爆音からpppの超ピアニッシモまで使って音楽を表現。アジタートの焦燥感、ソステヌート使いまくったサビ。
どれも、私の演奏の設計の通りであり、そして、わたくしの「こう弾きたい」をフルサポートしていただいたピアノの先生のご指導も、すごくうまくいった1曲だなーって思います。



【曲名】:メカニズムの練習(30番)練習曲26
【作曲家】:ツェルニー
【コメント】:お花の絵をみていたら、こんな曲が頭に浮かんできました。
明るいだけのようで、実は少し影があって、見ていると吸い込まれていきます。
そして、そこは幻想の世界。お花って、咲くのは一瞬で、じつは長い間成長し続けて、大地に根を張って、太陽の光を浴びて、芽を出して、双葉をひらいて、茎を伸ばして、成長して、つぼみをつけて、花が咲いているのは1週間ぐらいでしょうか。
そして散っていく。その、もっとも輝く一瞬ともいえる短い時間を人は楽しむのです。
(曲について)ツェルニー30番はメカニズムの練習曲。なので、一般的にはあまり楽しくないということになっています。が、分散和音のどの音に着目するのか。シンプルなメロディーをどう歌うのか。どの音を横のラインとして扱っていくのか、など、たくさんのお楽しみポイントがあるのです。



【かつコメ】:毎年コンクールに挑戦され、日々進化中のMrBachLoverさん
ピアノの発表会で演奏した作品はどれも思い入れがあり、大切な1曲になりますよね。
『鐘』はラフマニノフ初期の名作!はじめて弾いたラフマニノフ作品というかたも多いように思います。
激しくてダイナミックでピアノ男子の憧!演奏できる喜びが動画を通して伝わってくるようです

ツェルニー30番練習曲中、唯一短調で書かれた作品。
それが(ハ長調の平行調であるイ短調ではなく)ト短調というのも興味深いですね
ト短調で書かれた弦楽作品は多く、ヴァイオリンを嗜むルドンとあうのかもしれません!
たっぷり歌う右手と左手の低音がバランスよく心地よい演奏ですね


★★★★プログラム 17 番★★★★

【ピアニスト】:チョコさん&ホルンちゃん
【曲名】:ロマンス
【作曲家】:サン=サーンス
【コメント】:半年前に、近所の学校の音楽室でやっている器楽サークルに入りました。
今まで4年間1人で細々と弾いていましたが、仲間ができて、初めての伴奏です。
もともと、いつか人と合わせられるように上手くなりたい!という思いがあったので、夢が叶って万々歳です。



【かつコメ】:今回5回目の参加となりますチョコさん!
以前はお知り合い(ウクレレ奏者さん)のかたの自作曲を披露してくださり、今回はなんとホルン奏者さんとのアンサンブル♪
チョコさんの周りには素敵なお仲間がいっぱい
ホルンの爽やかな響きと安定したちょこさんの演奏が良いですね♪


★★★★プログラム 18 番★★★★

【ピアニスト】:しまりすさん
【曲名】:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番より「プレリュード」
【作曲家】:J.S.バッハ = ラフマニノフ
【コメント】:バッハのヴァイオリン曲をラフマニノフがピアノ独奏用に編曲したものです。いつか弾いてみたいと憧れていましたが、偶然、楽譜を持っていることが判明し、激ムズ承知の上で挑戦してみました!
結果、ミスだらけでお聞き苦しいままのアップとなってしまいましたが、この後も引き続き練習して、多少なりともマシな演奏をいづれ再アップできるように頑張ります。



【かつコメ】:“ただものではない主婦”のしまりすさんです♪
バッハ作曲、ラフマニノフ編曲…何ですか?!この豪華なメンツは
バッハらしさは損なわず聴きごたえも十分で、、ラフマニノフ良い仕事していますね※素人が偉そうにww
偉大な音楽家×2であれば作品が素晴らしいのは当然。そして簡単ではないのも
(;´Д`)
颯爽とした心地よい演奏、さすがです!


現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング