記事一覧

ピアノ再開から半年経過して感じること

---
10年も習っていたのだからもっと弾けると思ってました。
過信していました。
あわよくば20年の人生経験がピアノに深みを与え、昔とは違う大人の演奏になっているかもなんて思っていたのですがブランクと老化のダブルパンチで見事なまでのグダグダな演奏
---

一番最初に書いたブログ記事です。
ピアノ再開から半年が経過し思うことは、
20年の人生経験がはピアノに深みを与えていなかった、大人の演奏にもなっていなかったという結論

成長過程を記録する目的でアップしている演奏動画に
優しい皆さんは「それほど下手じゃない」とコメントをいただくことがあり大変嬉しく思っているのですが…

10年という歳月
小学生であれば高校生になっている。
人の成長に合わせて、自分の演奏を客観的にみたとき「10年間も習っていた人間の演奏じゃない」と思うんです。
才能云々ではなく単純に練習不足。

そんな人間が20年もブランクがあって上手くなっているはずがないんです。
ピアノはそれほど甘いものではありません。


ただ、20年間のブランクで成長しているところもあって
昔は、最初から両手で、しかも下手だからすぐペダルを踏みたくなっていたのが
今は片手ずつ、フレーズを意識しメトロノームに合わせて練習できるようになりました。

下手だということを受け入れて
どうすればよいかを考えて
それをしっかりと練習する

ピアノに姿勢がずいぶん成長したと思います(自画自賛)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村




関連記事

コメント

No title

私はピアノにその人の生き様みたいなものって、反映されていると思っています。ただ、それは聴く人が感じることで、無意識にそうなっているから本人はわからないことが多いと思います。

ピアノの発表会で下手な大人の演奏でも感動するのは、そういうことかなと思います。

かつさんの演奏を聴いて私は、まじめで、周りの人への気遣いもしっかりする方なんじゃんないかと想像しました。

すごく考えている方なので、私のアドバイスなんて不要だと思いますが、過去の自分と比べて落胆してしまうようなことがあったら、一度過去のことは忘れて、今の自分で新たな音を作って行くと考えたら、少し気持ちが楽になるかもしれません。
どんなことでも、人と人を比較するとブレが生じて、本質がわからなくなってしまうと教えられたことがあります。

Re: No title

くらぽんさん

こんにちは。
コメありがとうございます!

今通っているピアノ教室の発表会は大人不参加なので、ほかの人の演奏を聴く機会があまりなくて…
私の中で大人の人の演奏はプロのピアニストしかいないのです。

なので「こんなふうに弾きたい」とか「この人の演奏が好き」と思っても
比較対象がピアニストなので自分からはあまりにかけ離れていて落胆してしまいます。
みなさんのようにピアノを楽しむことがわかっていないのかも。。

『今の自分で新たな音を作って行く』

素敵なアドバイスありがとうございます。
実はいま『私の音楽』を模索中なんです。。

くらぽんさんとは考え方がリンクするときがあってなんだか怖い(笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング