記事一覧

こども達に残したいクラシック音楽は本当にこれですか?!

学校施設開放事業として小学校の音楽室を借りることが出来て、ときどきわたしも利用しています。
まぁ、小学校に設置されたピアノなのでボロボロなのですが…年1回は調律されていますし、なんといっても3時間900円という破格の値段が魅力的♪
電子ピアノ族としては本当にありがたいシステムです!

音楽室といえば作曲家の肖像画!!ですよね?!
こどもの頃、音楽室の肖像画を食い入るようにみてたくさんの作曲家を覚えました
※「スッペって誰よ!!スッペマンじゃん🤣🤣🤣」我ながら本当に勉強熱心な子供で感心します。

飾られた肖像画は各小学校によってラインナップが異なるので、「今日は誰に会えるかなぁ」と楽しみの一つになりつつあるのですが、、
少し気になるのがどういう基準で飾られているのか、並べられているのか。
ある小学校では左から
1、イェッセル
2、アンダーソン
3、チャイコフスキー
4、プロコフィエフ
5、コダーイ
6、ヨゼフ・シュトラウス
7、ベートーヴェン
8、ヘンデル
9、サン・サーンス
10、ハチャトゥリアン
11、スッペ ※いまだに飾られているのね
12、バッハ
13、リスト
14、モーツァルト
15、ショパン
16、小山清茂
17、タイケ
18、シューベルト
19、ビゼー
20、滝廉太郎
21、カバレフスキー
22、ブラームス
23、シューマン
24、宮城道雄
25、山田耕筰
26、グリーグ

ひとによって”偉大な作曲家”が異なるのは理解できるけれど、、正直、微妙なラインナップ
ヴィヴァルディ、メンデルスゾーン、ワーグナー、ロッシーニ、ドヴォルザーク、ドビュッシーあたりは飾って欲しいですよね?!
※ピアノ愛好家としてはラヴェル、ラフマニノフ、スクリャービンも♪

ただ以上に気になるのが肖像画の並び!!いちばん最初がイェッセル?!ないないない
※イェッセルファンのかた申し訳ありません!
でもなぜイェッセル?というかイェッセルって誰よ?!
※これはただの無知でした。キューピー3分クッキングの曲を作曲したかただそうですよ。

ということで、なぜこの並びになっているのか調べてみました。
平成元年改定の学習指導要領で各学年別に鑑賞すべき作品が決められていて
ーーーーーーーー
■小学1年
・ミーチャム:アメリカン・パトロール
・アンダーソン:おどるこねこ
・イェッセル:おもちゃの兵隊
■小学2年
・ヨゼフ・シュトラウス:かじやのポルカ
・プロコフィエフ:出発(組曲『冬のかがり火』)
・ベートーヴェン:トルコ行進曲
■小学3年
・スッペ:歌劇『軽騎兵』序曲
・バッハ:ポロネーズ『管弦楽組曲第2番ロ短調』
・ベートーヴェン:メヌエット ト長調
■小学4年
・グリーグ:ノルウェー舞曲 第二番イ長調
・サン・サーンス:白鳥
・モーツァルト:ホルン協奏曲 第一番ニ長調 第1楽章
■小学5年
・小山清茂:管弦楽のための木挽歌
・滝廉太郎:荒城の月
・シューベルト:ピアノ五重奏曲『ます』
■小学6年
・山田耕筰:歌曲『この道』
・カバレフスキー:組曲『道化師』
・宮城道雄:『春の海』
ーーーーーーーー

恐らくですが、学習指導要領の鑑賞共通教材で示された作品順に並んでいるのかなと思います。

それにしても、、、
シューベルトの『ます』も大変素晴らしい作品ですが、歌曲王なのだから歌曲から選曲してほしい。
バッハもモーツァルトもベートーヴェンも、、紹介すべき作品はそれじゃない感がすごい

さらに、声を大にして言いたいのは、、余計なひとを含めるからヘンデル様、ハイドン様が除外されてしまっているじゃないですか!!!
大変、失礼いたしました🙇🙇
でもイェッセルやアンダーソンよりも紹介すべきひとはいますよね?!
※昭和22年に作られた第一次学習指導要領にもイェッセル、アンダーソンやミーチャムの名前がありました。昔からの名残?

ちなみに平成10年告示の学習指導要領から鑑賞共通教材が示されなくなったそうですよ。
ただ、鑑賞の学習はいまも行われていて、とりあつかう教材のポイントのみ示されています※下記抜粋

小学1、2学年
・わらべうたやあそび歌
・行進曲や踊りの音楽
・日常生活に関連して背景を思い浮かべやすい音楽

小学3、4学年
・和楽器の音楽を含めた日本の音楽、諸外国に伝わる民謡など生活と関わりをとらえやすい音楽
・劇の音楽
・ひとびとに長く親しまれている音楽

小学5、6学年
・和楽器の音楽を含めた日本の音楽、諸外国の音楽など文化との関わりをとらえやすい音楽
・人々に長く親しまれている音楽

雑過ぎ!教材のポイントを考えるのも途中で飽きちゃったのかな?
「諸外国の音楽など文化との関わりをとらえやすい音楽」って何よ?!


教科書では鑑賞としてどういう作品が掲載されているのかというと↓こんな感じ(by教育芸術社)

ーーーーーーーー
■小学1年
・チャイコフスキー:行進曲
・アンダーソン:シンコペーテッド クロック
・ヨハン・シュトラウス:ラデッキー行進曲
■小学2年
・ベートーヴェン:トルコ行進曲
・ムソルグスキー(ラベル編曲):卵の殻をつけた雛の踊り
・スコット・ジョブリン:エンターテイナー
■小学3年
・ベートーヴェン:メヌエット
・アンダーソン:トランペットふきの休日
・モーツァルト:アレグロ ※どの作品かわからないですね
・ビゼー:鐘
・ベートーヴェン:歓びの歌
■小学4年
・モーツァルト:パパゲーノとパパゲーナの二重唱
・モイセス・シモン:ピーナッツ ベンダー
・サン=サーンス:堂々たるライオンの行進、白鳥
・ビゼー:ファランドール、メヌエット
・藤井凡大:琴独奏による主題と6つの変奏「さくら」より
・グリーグ:山の魔王の宮殿にて、朝の気分
■小学5年
・モーツァルト:アイネ クライネ ナハトムジーク 第1楽章
・ショスタコーヴィチ:祝典序曲
・ヴァン・マッコイ:アフリカンシンフォニー
・宮城道雄:春の海
・エルガー:威風堂々
■小学6年
・ホルスト:ジュピター
・ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
・滝廉太郎:荒城の月
世界の国々の音楽/オーケストラの主な楽器
ーーーーーーーー

バッハもヘンデルもいないじゃん(というかバロック期が全滅している)!!、ビゼーが3曲って評価高すぎない?とか言いたいことはありますが、学習指導要領で示された要件を考えると仕方がないのかも。
いや『ピーナッツ ベンダー』『アフリカンシンフォニー』など様々な音楽をセンス良く集められているような気もしますね。

個人的にはこんな作品↓も良さそう
・ヘンデル:調子のよい鍛冶屋
・シューベルト:魔王
・スメタナ:モルダウ
・ドヴォルザーク:新世界より
・ラヴェル:ボレロ
・ファリャ:火祭りの踊り
・ハチャトゥリアン:剣の舞
・ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
・ペレス・プラード:マンボ No.5

考えると意外と楽しい♪♪


学習指導要領から鑑賞共通教材がなくなり、音楽室からも肖像画がなくなってきてるのだとか。
たしかに新しく立て直しした小学校には肖像画が貼られていないです!!
こどもたちが肖像画を怖がるからという理由もあるようですが、、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの顔ぐらい知っていてほしいですよね?!
※ベートーヴェンの肖像画がどんどん漫画タッチになっていて気になっていたのですが、、そういうことなのね。

ちなみにプロコフィエフの肖像画
プロコフィエフ
※劇画タッチ?!こんな肖像画を使うから怖がられるんだよ!

カバレフスキーに関して言えば
カバレフスキー
不機嫌じゃん!!文句を言うキダ・タローじゃん!!

肖像画もこれじゃない感がすごい!!誰のセンスよ🤣🤣🤣🤣


現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


関連記事

コメント

No title

 面白いテーマですね♪かつさんは子供の頃、学校の授業でどんなクラシック曲を習いましたか?私の記憶に残っているのは…

リヒャルト・シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語り
シューベルト:魔王
スメタナ:モルダウ
ハチャトゥリアン:剣の舞

 かつさんの選曲となかなかかぶっていますね!いいセンスってことかしら。(*^_^*)

 バロック期全滅はいただけませんねえ、やはりバッハとヘンデルは入れてもらいたいものです。

 ヘンデルは鍛冶屋か、もしくは水上の音楽でもいいかもですね。バッハは…トッカータとフーガをあげたいところですが、「鼻から牛乳」大合唱になってしまいそうで、難しいところです(笑)。

小学校の肖像画!遠い昔過ぎて全く覚えてません🤣
おすすめの曲は…中学校で聞いたような気がします。魔王はなんて怖い曲なんだろうとか…モルダウは合唱の定番的なイメージだったり。
懐かしいですね~

No title

>シューベルトの『ます』も大変素晴らしい作品ですが、歌曲王なのだから歌曲から選曲してほしい。
バッハもモーツァルトもベートーヴェンも、、紹介すべき作品はそれじゃない感がすごい
さらに、声を大にして言いたいのは、、余計なひとを含めるからヘンデル様、ハイドン様が除外されてしまっているじゃないですか!!!
>バッハもヘンデルもいないじゃん(というかバロック期が全滅している)!!、ビゼーが3曲って評価高すぎない?

まったく同感です!!
違和感が半端ないです^^;
これ、本当に音楽好きの人たちにアンケートとりたくなりますね~

No title

かつざん、熱い想いのこもる記事、ありがとうございました。すごく興味深いですね。そしてかつさんの語り口調も面白くて笑っちゃいました。
有名な作曲家でも知らない作品ばかり(私が無知なだけか。。)いや〜、これはきっと将来かつさんのレアチャレに参加する子どもたちを養成することを意識した選曲に違いないですね〜クスクス

Re: No title

やぢまさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

記憶に残る作品ってありますよね。わたしはこの他には
バッハ:フーガ ト短調 ※鑑賞というより楽譜が掲載されていました
ヴィヴァルディ:四季(春だったかな)
ロッシーニ:ウィリアムテル序曲
武満徹:ノヴェンバー・ステップス
※恐らく小学生と中学生の頃が混じっています!

やはりバロック期は必須ですよね?!音楽史(クラシック音楽の成り立ちと変遷)も鑑賞の授業として取り入れてほしいです
恐らくですが宗教的な作品はNGだと思うので、、バッハの『G線上』やヘンデル『水上の音楽』が無難でしょうか
あとはパッヘルベル『カノン』やパーセル『アブデラザール』😄

でもキャッチーなのは『鼻から牛乳』ですよね🤣🤣

Re: タイトルなし

バームクーヘンさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

小学校に行ったら懐かしい記憶が蘇りますよ♪♪ぜひぜひ!
確かに魔王は中学校のときでしたね。
物語とともに楽譜も掲載されていて、ピアノを弾きながら「おとーさん、おとーさん」と歌った記憶があります
そして「父親ポンコツじゃん」と大笑い🤣🤣
懐かしいですね

Re: No title

ねこぴあのさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

やっぱり違和感がありますよね?!学習指導要領に沿って無理やり日本人作曲家の作品をねじ込んだよう…
[音楽=クラシック]とは言いませんが、芸術文化を考えると主要な作品は紹介して欲しい、こどもたちに聴いてほしいですよね。

>本当に音楽好きの人たちにアンケートとりたくなりますね
良いですね、楽しそう!!

爆笑😆

 かつさんこんにちは。わが国の音楽教育はそのようなことになっていたのですか?!

>雑過ぎ!
>誰のセンスよ?
 かつさんの切れ味鋭いつっこみに関西人の私も爆笑してしまいましたが、よく考えるとひどすぎて笑ってられません。

 ちなみに私の通っていた小学校の音楽の授業は教科書も指導要領も無視(たぶん)。鑑賞は小学校ではしたことないですし、座学的なことは一切なしで(リコーダー吹くために少し楽譜の説明があった程度)、ひたすら歌ったり吹いたりしてました♪昭和ならではですね。

 私がプランをつくるなら…いっそのこと低学年は楽しい舞曲♪ワルツやポルカ、日本だったら○○節みたいな民謡を取り入れて実際に踊ってみるとか?!高学年になったらバッハ、ベートーヴェン、リヒャルト・シュトラウスなど時代の異なる作曲家を時代背景も含めて勉強し、高校生になったらオペラを題材にそれぞれの恋愛観を語り合う…といった感じで、音楽って特別なものではなく人間社会のいろんな営みと結びついているんだぞ、ということを伝えたいななんて思ってます。

※北海道では学校のピアノを一般に貸し出しされているのですか?!ほかの地域にも広がればいいのになぁ。

Re: No title

Gariさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

いままで書いた中でもっとも長い(文字数の多い)記事だと思います!
何気なく書き始めたのに、調べるのに時間が取られ5時間位かかりました🤣🤣

有名な作曲家でも知らない作品ありますよね
ベートーヴェン作曲『メヌエット』が思い出せず、Youtubeで探し聴いてみましたが…全然ピンときませんでした。。
あとアンダーソン『シンコペーテッド クロック』も。アメリカだと有名なのでしょうか??

>レアチャレに参加する子どもたちを養成
あら〜、文科省の皆さんありがとうございます!!レアチャレの将来は明るいですね🤣

Re: 爆笑😆

momokaoyuyuさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

確かに笑っていられないかも…
ただ、鑑賞の共通教材は昭和22年(GHQ統治下の時代)から平成10年までほとんど変わっていなかったのでわたしたちもこの教育を受けてきたはず。
むしろ少しずつですが良い方向に向かっているように感じますね。

音楽の授業で鑑賞の時間がなかったのですか?!😲
わたしが通った学校では頻繁にありましたよ!
「あー、、先生もお疲れなのね」って※べつにサボりたいわけじゃないと思うけれど🤣
歌もリコーダーも嫌いだったので個人的には鑑賞の授業は嬉しかったです♪

momokaoyuyuさんの学習指導要領プラン、良いですね♪
阿波おどりやねぷた祭りのおどりなどお祭りのリズムを学び、からだを動かすのも楽しそう♪
※世界の民族音楽を聴くのもいいですね!そういえばインドネシアの民族音楽”ケチャ”を知ったのも音楽の授業だったなぁ
ドはまりして、ひとりで”ケチャ、ケチャ”言っていた記憶が…こどもの頃の自分、ヤバすぎる💦

小学校の音楽室貸出(開放)は(北海道ではなく)札幌市の文化事業です!特定の小学校しか借りられませんがたいへん助かっています
あわよくばもっと指定の小学校を増やして欲しい…
わたしたちの税金で教育費が免除になっているのだからそれくらいの特典があっても良いですよね?!

「学校施設解放事業」、いいですね。
ピアノだったら、体育館にも、式典や音楽関連行事の伴奏用にグランドピアノが置かれているので、そちらの貸し出しもしても良いかもですね。ただ、体育館は空調が無いと思うので、夏冬はキツそうですが。。。😅
音楽関連以外だと、図書室とかも一般に解放しても良さそう。

音楽の授業で聴く楽曲、私が小学生の頃と比べて「子供向け」のイメージの曲が増えたような気がします。「クラシック以外」の曲も目立つかな。(決して悪い事ではないと思います) あと、邦人作曲家が増えたかな。
ホルストの「ジュピター」って、例の歌になっている所のみじゃないでしょうね?!
かつさんが上げている「新世界」(第4楽章のみだった気が)「火祭りの踊り」「剣の舞」は小学生の頃に聴きました。「魔王」「モルダウ」は中学生でしたね。

私が小学生の時に聴いた記憶がある曲で、プロコフィエフの「ピーターと狼」があります。登場人物や動物をオーケストラの楽器で表していて「楽器紹介」的な意味合いの曲ですが、今は聴かないのでしょうかね?

「子供向け」でない、ガチんこクラシックを聴かせる試みとして、一部の在京オーケストラで「こども定期」と称し、短めの楽曲や交響曲のある楽章のみとかでプログラムを作成して、定期的に公演を行っている所もあります。楽曲の選定や当日の進行など演奏会に関する事は、聴衆である子供達の代表が楽団側スタッフとミーティングの機会を持って決めていたりするようです。いい企画と思うのですが、経済的な事情や家庭の事情で、コンサートに行くことが出来ない子供達もいると思うので、こうした催しに行ける子供達との音楽体験格差が出来てしまうのでは、、、と心配になったりします。

それにしても、、、肖像画、20世紀に生きた人なら「絵」にこだわらずに写真でもいいんでは、と思いますが、どうなんでしょう?








誰も触れないが言わずにはいられない、、
不機嫌なキダタロー!🤣🤣🤣
まさにその通り!

かつさんは北海道の方なのに浪花のモーツァルト、キダタローをご存知なんですね。ほんのり嬉しいです。

Re: タイトルなし

もとブラス娘さん、こんにちは
コメントありがとうございます!

返信が遅くなり申し訳ありません。

学校施設解放事業は使用できる学校が限られているので、いつでも借りられるというわけではありませんが、、グランドピアノがお安く借りられて本当にありがたいですね!
じつは体育館も貸出されていますが、残念ながらピアノの貸出はしていません。
体育館はバスケットボール、バレーボールやバトミントンなど運動サークルの方々が使用しています!
そのかわり視聴覚室や多目的室の開放もあって、学校によってはピアノがあり借りられます。

子供には子供らしい作品を…ということなのでしょうかね。
>「クラシック以外」の曲も目立つかな
交響曲よいうよりも吹奏楽曲が増えた印象ですが、吹奏楽部のある学校ではこちらのほうが子供たちにとって馴染みがあるのかもしれませんね。

わたしは『新世界より』は第2楽章を聴いたような記憶があります!『剣の舞』は学校では聴かず(確か)シンクロナイズドスイミングで知ったような…
プロコフィエフの『ピーターと狼』も学校では聴かず、自分で全音出版のピアノソロ編曲&CDを購入して聴きました。
※ナレーションが入っているのが凄く嫌だった記憶があります…

こども定期、、凄く良い試みですね!
確かに家庭の事情等々で格差が生まれてしまうので、県や市など地域でお金を出してすべての子供に学ぶ機会が与えられれば良いのですけれどね。。
ただ塾や習い事と一緒と言われれば、、仕方がないのかな😩
※確かどの学校(地域でも)年一回、音楽や演劇鑑賞の授業が必須だったはず…いまはどうかな

プロコフィエフもカバレフスキーも写真でいいですよね?!わたしもそう思いました
※もしかしたら著作権的なにかなのかも。。

Re: タイトルなし

ハリネズミさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

返信が遅くなり申し訳ありません

カバレフスキーってキダタロー似なの?!と思って調べましたが…全然似ていませんでした!
そして肖像画はカバレフスキーというよりもキダタローに近い🤣🤣

浪花のモーツァルト
もちろん知っていますよ!!でもわたしの知っているキダタローは本人じゃないくてモノマネ芸人かも…
モノマネされやすいんですね。。カバレフスキーにも真似されて😂

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング