記事一覧

第七回ピアノWeb発表会  Vol.5

第七回ピアノWeb発表会  いよいよ開催!
※絶賛作成中、頑張っております!!本日中にはなんとかUPしたい

昨年、北海道(札幌市)は大雪の日か続き家を出るにも大変でしたが、
3月になればいつもどおり春が来る。雪がとけて桜が咲きました。
自然はすごい。まるで魔法のようですね。

そして例年通りピアノ発表会を開催することができました。
でもいつもどおり/例年通りがどれだけありがたいことか、、自分の置かれている環境に感謝しなければいけませんね。

本当に暗いニュースばかり目につきますが、
素敵な音楽/素晴らしい演奏を聴いて、心躍る日になればいいなと思っています。

それでは早速、ピアノWeb発表会
テーマ『水の世界』『子どもたちへプレゼント』をどうぞ♪

----------
ピアノWeb発表会プログラムサイト

第七回ピアノWeb発表会  Vol.1
第七回ピアノWeb発表会  Vol.2
第七回ピアノWeb発表会  Vol.3
第七回ピアノWeb発表会  Vol.4
第七回ピアノWeb発表会  Vol.5
第七回ピアノWeb発表会  Vol.6
第七回ピアノWeb発表会  Vol.7
----------

★★★★プログラム 14 番★★★★

【ピアニスト】:もとブラス娘さん
【曲名】:インベンション第一番
【作曲家】:J.S.バッハ
【コメント】:言わずと知れた皆さん御存じの、インベンションの第一番です。
バッハの長男、ヴィルヘルム・フリーデマンの教育用に書かれた作品群。曲が与えられた当時、フリーデマンは9歳だったといいますから、余程優秀な子供だったのか、バッハ先生がスパルタだったのか。。。(笑)
こちらも拙い演奏で、装飾音を入れない演奏になってしまいましたが、お聴き頂ければ幸いです。



【かつこめ】:いままで何度もコメントをいただいているので初参加の感じがしませんが、、もとブラス娘さんです!!ピアノWeb発表会のためにYouTubeチャンネル開設/動画のアップロードなどイチから準備し参加してくれました!、
もとブラス娘さんのコメントにもあるようにインベンション/シンフォニアは最愛の息子のために書かれた作品ですが、後世のクラシック愛好家全員へのプレゼントですよね♪
一音一音、丁寧に心を込めて演奏されているのが伝わってきますね。ソプラノ/バスの音量のバランスもちょうど良いです♪


【曲名】:「子供のためのアルバム 作品68」より 第4曲「コラール」
【作曲家】:シューマン
【コメント】:今回の発表会用の動画2曲をアップした頃、ロシアがウクライナに攻め入りました。 涙を流して、爆撃で目が覚めた、と言っていた女の子。たったひとりで、1000キロの道のりを隣国へと避難してきた男の子。
今回の発表会が公開される頃には、どうしているんでしょうか? 戦闘が終わっている事を、祈るばかりです。
「子供のためのアルバム」には、シューマンが音楽を学ぶ子供たちに、座右の銘として、心がけて欲しいことをまとめたページがあります。音楽の技術面のみでなく、人間としてバランスのとれた成長をして欲しいという、シューマンの子供たちに向けた眼差しが見て取れます。
次の世代を作っていく子供たちに、音楽はじめ世界中の文化や芸術を、安心して楽しめるような世の中を、大人は作っていかなければいけませんね。



【かつこめ】:
シューマンのユーゲントアルバムは長女マリーのために作曲された作品。こちらも今回のテーマにぴったりの作品ですね
コラールは教会に参集した人々によって歌われる讃美歌。もとブラス娘さんの厳かで澄んだ音が心地よいです
動画で使われている画像も雰囲気にぴったり※『NHK みんなのうた』のよう♪


【曲名】:渚のアデリーヌ
【作曲家】:P.ドゥ センヌヴィル
【コメント】:リチャード・クレイダーマンの演奏で良く知られた曲ですが、作曲者は、ポール・ドゥ・センヌヴィルという人。
当時センヌヴィル氏が、自身の生まれたばかりの次女アデリーヌの事を思って、「アデリーヌのためのバラード (フランス語での題名)」というタイトルにしたのだそうです。(そういう意味では、今回のもうひとつのお題「子供達への贈り物」にも掛かっています)
「渚」の文字が入っている、という理由でこの曲を選んでしまいました。
フランス語の原題には、渚など海辺や水などを思わせる言葉は無いのですが、曲の中に、寄せては返す波のような雰囲気や、潮風を感じさせる所があります。(私の演奏力では表現しきれているか、心もとないのですが、、、)
お聴き苦しい所が多々ありますが(汗)、どうぞ。



【かつこめ】:
懐かしい!!小学生のときに発表会で姉と連弾しました。
1980年代中頃に大流行したと記憶していましたが、実際は1976年に発売された作品なのですね?!
寄せては返す波のような雰囲気、じゅうぶんに伝わってきましたよ♪懐かしい思い出をありがとうございます。



★★★★プログラム 15 番★★★★

【ピアニスト】:ねこぴあのさん
【曲名】:サラバンド
【作曲家】:ギロック
【コメント】:先生がブルクミュラーを習っていた子供の時に好きになった曲だそうです。
弾いていると、ウクライナのことを考えてしまいます。戦争が世界からなくなりますように・・。



【かつコメ】:
今回で三回目、前回に引き続き参加してくださいましたねこぴあのさんです!
こどもの頃に弾いたというかたも多いようですがおとなが弾いてもステキ、、というより曲想からおとなが弾いたほうがステキに聴こえる作品に思います!
バッハやシューマンのような多声音楽が上手なねこぴあのさん。
今回の演奏も何気ない左手の伴奏が美しいメロディに聴こえるから不思議です!さすがの演奏ですね



★★★★プログラム 16 番★★★★

【ピアニスト】:しまりすさん
【曲名】:宝島 ~ピアノだけバージョン~
【作曲家】:和泉宏隆
【コメント】:吹奏楽でも愛されるこの曲、ピアノを再開した頃いつか弾きたい曲の筆頭にあげていました。当時は全く歯が立たずに諦めておりましたが、今回の「水」テーマを機に再度挑戦を試みました。
どうしても、よっこらしょ~どっこいしょ~というノリになってしまうので逆に焦ってつんのめるという魔のループに見事ハマっておりますが、自分としては不格好でミスだらけでも11年でようやく最後まで弾けるようになった!とうれしい気持ちです。(自己満足ですみません)



【曲名】:宝島 ~MIDIに翻弄されてるバージョン~



【かつコメ】:
3回連続の参加で常連になりつつあるしまりすさん♪
今回は和泉宏隆さん(T-SQUAREの元キーボーディスト)の名曲『宝島』を“ピアノだけバージョン”と“MIDIに翻弄されてるバージョン”で演奏してくれました!
もちろんMIDI使用も豪華で楽しいですが、ピアノだけでも吹奏楽のように色々な音が聴こえてくるよう。不思議
昨年、和泉さんがお亡くなりになってしまいましたが素晴らしい作品の数々は永久に不滅ですね



現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


関連記事

コメント

もとブラス娘さんへ

はじめまして、くらぽんと申します。
私もかつさんのブログにちょこちょこコメントしているので、お名前は存じていましたが話す機会はなかったので、直接メッセージするのは初めてですね。ハンドルネームから音楽経験が豊富な方なのではと思っているのですが、私みたいな初心者からのコメントで、失礼なことを言っていたらごめんなさい。もう先に謝っておきます。

バッハのインベンション一番は、かつさんも言っていましたが本当に丁寧な演奏で、聴き終わるともう一回、もう一回と何回も聴きたくなる演奏で、5回ぐらい聴きました。

シューマンのコラールと渚のアデリーヌは間の作り方とペダルの使い方がとても上手だなと思いました。ペダルはただ踏むだけじゃなくて、曲に合わせて音を作っていてすごいなと思いました。渚のアデリーヌは聴いているうちに私の呼吸も深くなっていくのを感じ、とても癒されました。

しまりすさんへ

初めまして、くらぽんと申します。

手の動きがスムーズで鍵盤を全く探してないことからも時間をかけて練習してきたことが伝わってきました。自分のリズムで弾けるピアノだけバージョンは自由な感じがして良かったし、MIDIを使ったバージョンは音に厚みが出て聴いていても楽しかったです。
素敵な演奏をありがとうございました。

No title

くらぽんさんへ

初めまして。
演奏を聴いていただき、とても優しいコメントまでありがとうございます。
この かつさんのWeb発表会のおかげで目標が増え、ピアノに向き合う時間が格段に増えました。
かつさんにも皆さんにも感謝です!

くらぽんさんのソナチネ、美しい音でとても丁寧に弾いてらっしゃって素晴らしいです。私が弾いていた時は先生に丸をもらうための練習だったな・・・と反省しました。
こちらこそ素敵な演奏をありがとうございました。


くらぽん様、コメントありがとうございます。自分の演奏については、色々と至らない部分だらけなのですが、聴いて頂けただけで嬉しいです。
くらぽんさんのように、基礎固めの為にも、ソナチネアルバムくらいまでの練習はしていきたいと思っているのですが、ユルユルとやっているので、たどり着くのはいつになることやら。。。1番だけ、手を出してみた事があるのですが、短調に変わったり、メロディが低音域に移ったりするときの、ざわざわする感じ、不安感、それを通り抜けたあとの清々しい感じ。このあたりは、いろんな経験をしてきた大人の方が、強く感じられるのではないでしょうか。
「ブルグの会」の告知も、かつさんの記事で拝見したのですが、手がまわらず、、、そのうちに参加させて頂くかも知れませんが、その時はよろしくお願いいたします。

ねこぴあの様、丁寧で心のこもった演奏を聴かせて頂きました。ギロックは、名前だけ知っているのですが、弾いたことは無く、、、今度チャレンジしてみたいです。

しまりす様、カッコいい「宝島」ありがとうございました。和泉宏隆さんが亡くなられたあとに、「月間ピアノ」に宝島のアレンジ譜が載っていたのですが、上級アレンジの為、自分には歯が立たず。。。💦 しまりすさんもお書きのように、吹奏楽でもよく演奏されるのですが、実際に楽譜を見てみると、メロディに細かい動きが多く、聞き流しているだけでは分からない発見が色々と。。
簡単アレンジの楽譜を探して、再チャレンジしてみようかしら。😊

最後に、皆様にお詫びを。
私の弾いた、シューマン「子供のためのアルバム」から「コラール」ですが、前半部分しか録画していませんでした。
本番録画取りが終わって、数日後、再び「コラール」の楽譜を見て、次のページをめくってみたとたん、なんと!続きがある!!😱
そう思って前ページの最後の小節を見ると、曲のホントに終わりの部分にある、太い縦線がなく、区切りの細い線2本。それを見て、終わりと間違えたのでした。(汗💦💦💦)
一応続きも練習してみて、再度録画アップしようかと思ったのですが、かつさんのお手を煩わせるのもな、と思い、そのままとさせて頂きました。すみませんでした。

No title

かつさん、参加させていただき、ありがとうございました^^
おかげさまで、初めてギロックの曲を弾くことができ、楽しませていただきました。
過分なコメントまでいただきまして恐縮です。
左手難しかったです。自分としてはそこが残念だったので救われました。

さて、ブログがないのでこちらに書きます。
どの方の演奏も素敵なのですが、もとブラス娘さん、
演奏とても素敵です。特にコラール、なんだか泣きそうになっちゃいました。リピートしちゃいました。
もとブラス娘さんがこの会に参加するとこちらのコメントで書いていたので、わたしも出ることにしました。
聴けてよかったです。ありがとうございました^^

ねこぴあの様、私の方こそ、恐縮です。💦
粗を探せばキリがないと思いますので。。。😅 インベンションは、装飾音付きでも練習したのですが、本番録画時の失敗回避のため、抜きとさせて頂きました。バッハ好きな人達からは、なんじゃこれ?!と思われそうですが。。。

ありがとうございました

初めまして、ほとんどピアノを弾かない(弾けない)、ハンドルネーム「春」と申します。
あるピアノ好きな方から、このピアノウェブ発表会のことを教えてもらって、やって参りました。
こんな素敵な企画があるのですね。ピアノ曲を聴くのは好きなので、皆さんの演奏を聴かせていただきました。
狸茶さんというかたの演奏がもうとにかく素晴らしくヘビーローテーションで聴いています。(過去のウェブ発表会の狸茶さんの演奏もチェックして堪能しています)セヴラックは好きな作曲家ですが、プロの演奏でもここまで私の心の琴線に触れたものはめったにありません。狸茶さんの奏でるピアノには、自然な音楽の流れがあり、歌があり、そして情景が目に浮かぶような表現力があります。今回の曲を聴きながら、今は亡き優しかったわが祖母を思い出し、涙がこぼれました。
このサイトがなければ、こんな素晴らしいアマチュアピアニストさんに出会うこともありませんでした、主催者のかつさん、心から感謝します。
かつさんご自身の演奏もよかったです。特にピアノ三重奏が!シューベルトが親しい音楽家たちと合奏をして楽しんでいる様子が連想されました。
第8回も期待しております。(とくに狸茶さんにはぜひとも参加していただきたく)
今後とも応援させていただきます、よろしくお願いいたします。

もとブラス娘さんへ

コメントありがとうございました。
実は私も15年くらいホルンを吹いていた、もとブラスおばちゃんです!
もとブラス娘さんの楽器は何だったのでしょうか?
「宝島」 私のツッコミどころ満載の演奏は置いといて、原曲も吹奏楽もとてもかっこいいですよね。私にも思い入れのある曲でしたので、今回挑戦できて楽しかったです。もとブラス娘さんの「宝島」もいつか聴かせてくださいネ!

しまりす様へ

しまりす様、コメントありがとうございました。
吹奏楽でホルン担当だったとのこと。私のツイッターのクラシック音楽好きなお仲間さんたちには、ホルン経験者がなぜか多いのですが、しまりすさんもそうだったのですね。😊
ちなみに、私がやっていたのは、トランペットです。ホルン、ソロに良し、内声部など伴奏にも良しで、いいですよね。📯🎶

しまりすさんへ

しまりすさんへ

目標があるとやる気もわくし、かつさんのWeb発表会はテーマに合わせて選曲するのも楽しくて、何か新しい曲を弾いてみようという気持ちにもなりますよね。

私の演奏もきいてくださり、ありがとうございます。
大人になってからだったり、ピアノ歴をちょっと重ねてからソナチネに入る方がより色んなことを感じられたりということがあるのかなという気もします。

もとブラス娘さんへ

もとブラス娘さんへ

私の演奏も聴いてくださり、ありがとうございます。
大人のほうが色んな展開を強く感じられるというのは全く同感です。

ブルグの会は発表会ではなく、感覚的には弾き合い会に近いと思うので、気軽な気持ちで参加していただけたらと思います。
参加してくれた方からブルグの会には小品や1~2ページぐらいの短い曲が合いそうという声をいただき、テーマや送ってもらう動画の長さもそいういった曲を想定して設定しているので、参加者が弾く曲に難易度の差があまりなく、初心者でも参加しやすいかなと思います。
そして、参加者のほとんどがピアノWeb発表会にも参加している方なので、やっぱりコメントがあったかいです。
演奏はしないけど、コメントだけ入れるという形の参加も大歓迎なので、ぜひ遊びにきてください。お待ちしています。

Re: No title

ねこぴあのさん、こんにちは
コメントありがとうございます
かつです。

返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
今回も素敵な演奏ありがとうございました!
わたし、ねこぴあのさん演奏好きなんですよね。
バッハのインベンションもシューマンのユーゲントアルバム、ギロックも…
小品を大切に、そしてたっぷりの歌心で演奏されていていつも良いなぁと思います。

※わたしは無意識に手を抜きがち
(;´Д`)
ねこぴあのさんの演奏を聴いて感動し、目の前の作品にもっと真剣に取り組まなければと反省…

またお時間のあるときにでも聴かせてください!!

Re: ありがとうございました

春さん、こんにちは
コメントありがとうございます
かつです。

返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

>あるピアノ好きな方から、このピアノウェブ発表会のことを教えてもらって、やって参りました。
嬉しいです!ご視聴いただきありがとうございました。
※趣味の範囲で開催しているのでプログラムサイト等もメンテナンスが行き届いていなく申し訳ありません。。

狸茶さんはピアノWeb発表会だけではく、レアチャレという企画にも参加いただいていて、、そのときも狸茶さんファンからコメントをいただきました♪
((´∀`))ケラケラ
とっても素敵な演奏ですよね。
狸茶さん自身のブログにも演奏動画がアップされていますので聴いてみて下さいね
※ブログのリンク欄から狸茶さんのページに飛ぶことができますよ。

わたしが弾いたピアノ三重奏はアレンジが良く、ヴァイオリンとチェロは先生による演奏だったので、わたしのグダグダな演奏でも(それなりに)素敵に聴こえますね
(* ´艸`)クスクス

また秋ごろに開催予定ですので、聴いていただけると嬉しいです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング