記事一覧

おとなになってまで演奏技術にこだわるのは、みっともない事ですか

youtubeで小学生ぐらいの子供たちが達者に弾くのを見て
「自分ももっとうまく弾けるようになりたい」って思うのです(こどもと何を競っているのか

先生にも「うまく弾けるようになりたい」とお伝えしたのですが…
当然、先生もうまくなるようレッスンをしているわけで少し失礼だったかなと後で後悔


先生から指示があるのは【音の粒をそろえる事】と【音を美しく響かせること】
私が期待しているのは【速く弾ける事】【強弱をつけて弾ける事】


最近になって「うまく弾く」という言葉が曖昧だったんだなと気が付きました。
先生:「うまい」=音楽的表現
私:「うまい」=演奏技術
先生が伝えようとしていることがより高度で、私はその一歩、二歩手前でつまづいている感じ


音の粒にこだわり
音を美しく響かせ

より丁寧に
より感情をこめて

音楽的表現の追求
これが俗に言う【おとなの演奏】って事なんでしょうか


でも私みたいに基礎力もなく、音楽分析もできないのに
どっぷりと感情をこめたら…

プレー


だと思う。
千秋が言うのだから間違えない

基礎力があっての音楽表現だと思う。
ちょっと、基礎力だの演奏技術だのってガツガツしすぎてみっともないって、わかってはいるのだけれど。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング