記事一覧

ペダルの指示がない楽譜でペダルを踏む場合

ピアノが下手な理由はたくさんあるけれど、その中のひとつペダル問題
ペダルを踏み変え忘れ濁ったり、中途半端にペダルをあげて音が切れてしまったり…
ペダルの処理が下手すぎる
(;´Д`)

こどもの頃、ペダルの踏み方について教わっていないですからね!
インベンション&ソナチネ&ツェルニーのバロック/古典オンリーであったため踏む機会がありませんでした
※むしろペダルを使って弾いたら怒られました。。

ペダルは踏む早さ/深さ/タイミングによって音色が大きく異なるので細心の注意を払いたいところですが、弾くことに精いっぱい
ペダルを意識し過ぎると今度は演奏がぐちゃぐちゃに…最終的に(というより途中で心が折れて)ペダルを踏まずに弾き終えることもあります。
先生から「なんだかパサパサですね」と言われる始末
(;´・ω・)

そもそも、(原典版のように)ペダル指示がない楽譜はいつどのタイミングで踏めば良いかわかっていませんでした!
皆さんはどうされていますでしょうか??

「ペダルは耳で踏む(=音が濁ったら踏み変える)」
と言いますが、正直そんな抽象的なことを言われても困りますよね。。

先生からのアドバイスは
「[ド-レ][シ-ラ]のように二つの音(2度)が連続する箇所ではペダルを踏まない(踏み変える)」
メチャクチャわかりやすい(((o(*゚▽゚*)o)))

恐らく[ソ-シ-レ-ファ]のような属七の和音でれば[ソ-ファ]が連続してもひとつのペダルで良いのだと思いますが…いまはそんな難しいことはわかりません!
とりあえず先生のアドバイス通りにペダルを踏んであとは先生に修正してもらう※出た、他力本願!!!

もちろんロマン派以降、とくに近現代作品だとペダルによる濁りも味わいに感じますが、、
ペダリングの基礎としてはわかりやすくて、適切な個所で踏むことが出来るかなと思います。

ただひとつ問題が…
ペダルの踏み替えが多く、また音が切れないよう指でつなぐのが大変!
(´Д⊂グスン

そんなときは…
「ペダルの踏み替えが大変でパサついてしまうときは音の濁りが広がりすぎないよう浅く踏むと良い」
そうですよ♪

わたしは(ペダルを踏んでいてもパサパサ感があるくらい)踏み方が浅いので多少踏み変えを失敗しても大丈夫かも♪♪
…いや、ペダルを踏んでもパサパサ感があるのは別の意味で問題


ペダルの浅いグランドピアノ(とくにスタンウェイのグランドピアノ)はコントロールが難しくパサパサになりがち。
音の響きも貧弱になってしまい寂しい印象を与えてしまいます。。

わずか数ミリの違いで大きな差がでますよね?!ペダルは本当に難しい…
でもその数ミリで中級者/上級者に近づけるなら、練習する価値がありそう!


安直(;´Д`)?


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

ホントにそうですね。

「ペダルは耳で踏む」ホントにそうですね。
意識することはないんですが言われてみるとそうしてます。

もちろんチェンバロ曲の場合は
 ・ダンパーペダルなし。
 ・ウナコルダはフレーズ毎に(二段鍵盤を意識して)

それで、バッハの子供以降は「耳で踏む」ですね。
あと、ドビュッシーはペダル多め。
クラシックでない場合はコードの変わり目、みたいな。

濁りが嫌な場合は、早く細かく小刻みにペダルを使って、ちょっとフェルトを弦に触れさせてちょっとミュートするみたいにね。

ソステヌートペダルは苦手です。
足をそろえなくちゃならないので、そうすると座高が低いので高音低音で倒れそうになるんで。

それと、場所によって(残響の多い少ないの違い)ピアノの音の伸びによって(外れのディアパソンは音が伸びないので、ペダルおおめ)変えますね。

ペダル

かつさん、こんにちは(^o^)
私が次回のWEB発表会のために練習している曲も、ペダル指示がないので困っています。
そもそも、今までペダルについて深く習ってないので、どう踏むか分からず、ほとんど自己流。
ピティナステップでは、ペダルで音が濁り汚いと言われるけど、私はそう思わないのが困りものです(笑)
ピアノや部屋での響き方によって操作が変わってくるから難しいです。
ちなみに、私はペダルを深く踏むのでガコガコ音が鳴ってうるさいです(~_~;)

わかります!

かつさんこんばんは。ペダルのお悩み、わかります!でもペダルの悩みって微妙すぎて言葉で表現するのが難しい…。

私は今春、ペダル必須曲でステップに出て「ペダル苦手なのでアドバイスを」とアピールしたところ、先生方からアドバイスをいただけました♪
A氏「タイミングに注意。音と同時でなく音を鳴らしてから踏むのです」
B氏「響きがまざってしまうときはタイミングや深さをかえてみるなど、研究なさってみて下さい」
C氏「フレーズのはじめに踏む、真ん中で踏む、最後だけ踏む。色々試してみましょう」

要は研究あるのみ?!でも音と同時に踏むのをやめてみたら、確かにその方がいいなと思えました。子どもの頃からの習慣なので最初は勇気が要りましたが…ずーっとまちがえていたみたいです😨

私の今の悩みはペダルを踏んだときに出る雑音です。機械の操作音みたいで本当にいやなので、何とかしたいです。

No title

かつさん、こんばんは。

わたしも子どもの頃、ペダルのきちんとした踏み方は習っていなかったので、再開してから踏み替えだの音を鳴らしてから踏むだの、???の連続で思わず先生に「それって昔からある方法ですか?」って聞いてしまったほどです( ;∀;)

ペダルを意識すると演奏が乱れまくるのも課題ですが一番の問題は「濁った音」がよくわかってない、という点です><
先日、ペダル指示のない楽譜にペダル入れてみましょうと言われましたが、いやぁ、ひどかった!
バタついてバタついてピアノ弾いているのか、バスドラムやってるのか・・・・ホント、ペダルは難しいです。
ほかにも難しいの、いっぱいありますが( ;∀;)

Re: ホントにそうですね。

ぴあのけものみちさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

返信が遅くなり申し訳ありません!

ドビュッシーのペダル多め、わかります!
夢想のようなフワッとした作品はペダルが欲しいですよね。鮮やかでクリアに聴かせたい作品は踏みすぎ注意したいかも...

ピアノはメーカーにごとに響きかたが代わりますよね。
>外れのディアパソン
そうですね!
カワイも古楽器のような響きのグランドピアノがありますね。
もしかしたらヤマハのキラキラな音に慣れすぎ?!

響きの少ないピアノはやはりペダル多めですね!
残響が少ないぶんペダルを多用しても濁りが少ないように感じます。

「ペダルは耳で踏む」ことが出来ればどんなピアノでも対応できそう♪
ただ濁ってからでは遅いのでやはり練習が必要ですね。。
(;-ω-)ノ

一年間色々参考になりました!😀

ピアノをレッスンを受ける等して続けてこられて来た方々も、ペダル操作には色々とお悩みが多いようですね。

私が独学で練習を始めた当時は、家にあったオルガン→タッチレスポンス機能がある程度付いたキーボード(60鍵ほど、ペダル機能無し)だったので、ペダルに触った(踏んだ)のは、練習を始めて10数年して、アップライトを購入してからになります。
それでもしばらくは、練習している曲がペダルを使う必要のそれほど無い曲(チェルニー100番前半程度)だったのもあり、ペダルは使わないままでした。
いずれペダル操作は必須になって来るだろうと思っていましたが、出回っているピアノ関連の書籍は、ペダル操作に関する記述って少ないんですよね。
音と音の間の繋がりが気になる時は、鍵盤から指を離すタイミングを、音が切れないようにしてみたり(フィンガーペダルという奴でしょうか?でも、跳躍幅が広い時はどうしようもなかったですが。。)
学校で音楽の先生がピアノを弾いている時、ペダルは弾いたちょっと後のタイミングで踏んでいたような遠い記憶😅や、男性のピアニストが舞台でペダルを踏んでいる様子(女性はドレスの裾でペダルが隠れてしまうんですよね、、)を参考に、ここ数年で、ペダルも使って練習しています。

私も他の方々が書いているように、フレーズの切れ目や和声-コードの変わり目で踏むのがいいのかな、と感じています。音の濁りが出ないように気をつけながら、トライ&エラーですね。☺️
踏み具合ですが、以前読んだピアノ関連本に、「五段階くらいには踏み分けて欲しい」とあり、😱!と思った事が。。💦
自分的には、三段階くらいならなんとか掴めて来たかな、という感じです。
底まで目一杯踏み込むのは、自分はまだあまり機会がありませんが、例えば、ラフマニノフの「鐘」とか、以前カレーのCMで中村紘子さんが弾いていたシューマンの「ダヴィド同盟行進曲」のような、フルにピアノを響かせるような曲は必須でしょうか。
ペダルの表面だけで浅く踏むのは、ブルグミュラー25の「7番-清い流れ」のような曲で、細かい音を繋げてレガートにしたい時にいいかも。
一番多いのは、踏み込み過ぎず浅すぎず、の中間ですね。

かつさんのブログを拝見して、ピアノをメインでやって来た人間でないにも関わらず、図々しくもコメントまで書かせて頂くようになった今年。独学でやって来た自分にとって、いい刺激になりました。
さらに来年は、webピアノ発表会にもエントリー予定など、一年前の自分には想像もつかなかった事です。(youtubeの事など色々教えて頂いた皆様、本当にありがとうございました)
良いお年を、そして来年も素敵な大人ピアノライフを!😊




Re: ペダル

ぴあのりこさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

返信が遅くなり申し訳ありませんでした!

むかしはブルグミュラーの練習曲にもペダル指示がなく、勝手にペダルをつけると怒られましたからね。。
ペダルを使用できるのは発表会の時だけでした。
※ペダルの深さやタイミングなど難しいことを考えず、目一杯踏んでいました
(;'∀')

>ペダルで音が濁り汚いと言われるけど、私はそう思わないのが困りものです

ペダルの濁り、わたしも結構好きですよ♪
ベートーヴェンのピアノソナタ等でもペダルによる音の濁りで迫力や苦悩が感じられるように思います
ただ音の美しさを意識して弾いているにもかかわらず、ペダルで濁るのはもったいないかな…

たしかにペダルを深く踏むとガコガコ鳴りますよね
((´∀`))ケラケラ
わたしもペダルの研究、がんばります!

Re: わかります!

momokaoyuyuさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

返信が遅くなり申し訳ありません!

先生方からアドバイスを教えていただきありがとうございます。
踏むタイミング/深さが難しいですよね。
そしてやはり最後は自分の耳で判断ということでしょうかね。

わたしもタイミングや深さをかえながら色々試してみましたが、、
打鍵と同時にペダルを踏むことが間違いというよりは、同時に踏んだほうがいい場合とそうでない場合があるのかなと解釈しました。

レガートのように滑らかにつなげて弾きたい場合は打鍵の後でペダルを少し浅く踏む
音をクリアに突き抜けて響かせたい場合は打鍵と同時にペダルを深く踏む
以上、かつの研究結果です
((´∀`))ケラケラ

ゼロコンマ何秒で響き方が全然違うので難しい、、
ピアノを弾くだけで精一杯なのに足まで神経が行き届かないですよね!!
(;´Д`)
でも自分だけの音が作れたら楽しいだろうなぁと想像しワクワクします

お互いにペダル研究、頑張りましょう!!!

Re: No title

ハナコさん、こんにちは
コメントありがとうございます!

返信が遅くなり申し訳ありません!!

皆さんのコメントを拝見すると「ペダルを習っていない!」というひとの方が多いですよね!!
ショパンなどロマン派以降を習うときには教えてもらえたのかもしれませんが、、バイエル/ツェルニー/バッハでは踏む機会もありませんでした。
(;´Д`)

わたしも弾くことに一生懸命になりすぎて、濁りとか関係なくペダルを踏み続けるorペダルを踏み忘れてしまいます。。
そこまで神経が行き届かない!!本当に難しいですね

ペダルの踏み方は色々あるようですが、基本的な『音を鳴らしてから踏む』やりかたをもっとスムーズに出来るようマスターしたいですよね
濁った音もペダルの踏み変えタイミングも徐々にわかってくるはず、、、そう信じながら音に耳を澄ませて頑張ります!

お互いに頑張りましょうね♪

Re: 一年間色々参考になりました!😀

もとブラス娘さん、こんにちは
コメントありがとうございます!

こどもの頃、「ペダルで誤魔化してはいけない」と先生に怒られたことがあります。
指でつないで弾けるようになったあとで、ペダルを踏む練習があったのかもしれませんが…ペダルを踏むような作品には至らず終わってしまいました。。
そのせいでペダルを踏みたくても多用してはいけない感覚があり、遠慮して踏めないorバレない程度に浅く踏んでしまいます。
いまでは先生から「ペダルを踏んではいかがでしょうか」と促されてしまいます
※いままでは先生がペダルをつけてくれていましたが、今回は「ご自身でつけてみてください!」と言われてしまいました。。
(;´Д`)

ペダルの指示についての記載もいくつか目にしたことはありますが、少ないですよね。
たとえばブルグミュラー25の練習曲も各出版社によってペダルの指示が大きく変わりますので、どこで踏み変えたらいいのかという明確な根拠はないかもしれませんね。
ペダルの深さについてもスタンウェイは浅く、ヤマハは深いので文字だけで理解するのは難しいかも…あとは耳を頼りに経験と研究でしょうか

>自分的には、三段階くらいならなんとか掴めて来たかな
凄いです!!!いろいろ勉強されている成果ですね♪

わたしももとブラス娘さんと同じで
・音をつなげたいときは(普段は)打鍵後にペダルを踏む
・音を響かせたいときは底まで目一杯、打鍵と同時に踏み込む
のが良いかなと思います!

ブルグミュラーだと『清い流れ』もそうですが『天使のハーモニー』『つばめ』のような分散和音になっているところは打鍵後に踏むととてもキレイで効果的ですよね?!実力よりも3倍増しに上手く聴こえますよね♪
((´∀`))ケラケラ
打鍵と同時に踏むペダルは『アラベスク』の最後の音、『狩り』のイントロの最後(5小節目)などワンポイント使いはどうでしょうか?!
あと、わたしの場合音量が足りないのでペダルに助けてもらうことも多いです。

ペダルは難しくて「嫌だなぁ」という気持ちが先行していましたが、
「ここにはこういうペダルが良いかも♪」なんて想像しながらペダル付けすると楽しいですね
(((o(*゚▽゚*)o)))
まぁ、、、イメージした通り踏むのは難しいですが。。
(;´Д`)

今年一年、色々お世話になりました!来年もよろしくお願いいたします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング