記事一覧

【課外活動】オンラインセミナーVol.1 マズルカ演奏法

先日、ムジカノーヴァ オンラインスクールの
『「ショパンらしく」弾くための マズルカ演奏法』講座に参加しましたので、備忘録として講義の大まかな内容と感想を書きます。
みなさんにもおすそ分け
((´∀`))ケラケラ

----------------

2021年10月8日 10時30分~12時30分
講師:山本貴志さん

【マズルカとは】
ポーランドに伝わる3つの踊り(クヤヴィヤク/マズル/オベレク)
これを総称としてマズルカと呼ぶ
******
クヤヴィヤク…遅いテンポ
マズル…中庸なテンポ
オベレク…速いテンポ
******

******

【演奏するうえでの注意点】
クヤヴィヤクは右手はテンポルバートを意識し歌うよう演奏する
※インテンポで機械的な演奏にならないよう注意
左手は右手旋律のジャマにならないよう優しく弾く

マズルは全体的に踊りを意識し右手の付点のリズムを印象的に演奏する
左手は2拍目/3拍目に重心が来るように弾きワルツとの違いを意識する
クヤヴィヤクとは違い、左手は存在感を出し威厳ある雰囲気にする

オベレクはステップを刻む音楽
クヤヴィヤクやマズルのようなルバートはせずに、テンポよく演奏する


ショパンはひとつの作品に複数のマズルカを組み合わせて作曲している
※ひとつのマズルカで構成された作品もある
曲中でテンポが変化した場合は、踊りが変わった合図なのでメリハリをつけて演奏すること!

----------------

2005年のショパン国際コンクール第4位の山本さん
現在はポーランドを中心に活動されているためピアノを演奏される姿を目にする機会も少ないですが…
気さくで腰が低く、話し方が優しくて…絶対に良いひと(だと確信)
(`・ω・´)

講義もわかりやすくて
マズルカ第5番(Op.7-1)、第37番(Op.59-2)、第45番(Op.67-4)を例に
間のとり方(休符)から歌うよう演奏する方法まで、実際に弾きながら説明してくださいました。
※短くて比較的易しい作品で解説してくださったのも嬉しい♪

不満だったのはアップライトピアノだったことくらいなか。。
世界的なピアニストなのにアップライトって…少し失礼なような
(;´Д`)
最後に上記3曲を演奏してくださったのですが弾き難くそうでしたし、山本さんの演奏をグランドピアノで聴きたかった

けれどこれで2000円は本当にお得でした♪
マズルカだけでなくポロネーズ、ワルツ、ノクターンも開催してほしいな。
そんときは皆さんもぜひ!お勧めします!


現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

No title

かつさん、こんにちは(^○^)
山本先生は確か、ショパンコンクールで関本さんと同順位だった方ですよね?
実は私も、この講座を聴きたかったんです‼(zoomに慣れてないので尻込みしているのですが…家族が居る中で聞くのも気がひけるから(~_~;))

以前マズルカの公演を見に行きましたが、かつさんが書いているのと同じ説明をされてたし、衣装も地域ごとに違ってて、見てて楽しかったです。

舞踏団代表の方が「マズルカといえば、ショパンのマズルカのイメージが強いけど、古来の伝統的なマズルカも知ってもらいたい」とおっしゃっていたのが心に残ってます。ショパンのマズルカは、本来のマズルカと違って、アレンジ要素が強いのかなと思いました。

でも、やっぱりマズルカ踊ってみないと実感わかないかなあ…かつさん、今度はマズルカ実演講座を受けて見て下さい‼

No title

かつさんこんにちは〜
おお、これは面白そうな企画ですね、舞曲大好き人間のタワシとしては、興味津々のテーマです。
>間のとり方(休符)から歌うよう演奏する方法まで、実際に弾きながら説明してくださいました。
→こういうことって、なかなか言葉で説明できない、文章にできない、とよく言われますが、いい経験ができましたね!かつさんの演奏に反映されるのが楽しみです!!

しかし。。。なぜにアップライト? ムジカノーヴァ主催なのに!? ちょっと考えられないです。。。
同じシリーズの他のプログラムはどうなのでしょう?
(今はコロナで休止中ですが、近所のプラネタリウムで月イチでコンサートをやっていて、よく行ってましたが、そのたびに、ピアノがグランドだったらどんなにか、と思いました。プラネタリウムは音楽やるための場所じゃないので仕方ないですが)

No title

かつさん、こんにちは。
おすそ分けありがとうございます。

私は自分で弾くためではなく、ショパンコンクールがちょっとでも楽しく聴けるようになったらいいなと思って、マズルカについて調べてみたことがあるのですが、全然わかりませんでした。
かつさんの記事は、すごいわかりやすくポイントとなる箇所がしっかり書かれているので、間もなく始まる3次予選のマズルカをより深く聴くことができそうです。
本当にいいタイミングでした。ありがとうございます。

タイムリーな記事で嬉しい♪

かつさんはピアノ音楽のアンテナの感度がビンビンで鋭いですね〜(・∀・)
今回の講座もそうだけど、こういうオンラインで受けられる貴重な講座の情報をよくゲットするので感心してしまう〜

ちょうど今ショパコンでマズルカをたくさん聴いてて惹かれて弾きたいなあって思っていたし、最近好きなのに苦手意識が強くて避けていた舞踊曲に取り組んでみたい気持ちが高まっていたのでこの記事は嬉しい!(☆▽☆)

ショパンのマズルカは今まで弾く機会がなくて知識がないので、軽く説明して下さった内容を知らないので参考になりました。できたら山本さんの講座を聴いてみたかったな。山本さんの経歴を考えるとリーズナブルなのかも。充実した内容だったのですね〜いいなぁ〜

ショパコンに合わせて図書館でショパンの解説本(生誕200年記念出版された「ショパンの全て〜その生涯と作品」)で各曲の解説を読みながら聴いてますが、全曲解説の為マズルカについては説明が簡易なんです。

こういう講座は都心部では時々催されているようなのですが、都内在住でないとなかなか参加出来ないですよね〜(ちょっと前に都内で開催していた青柳いづみこさんのドビュッシーの講座を受けそびれました)
かつさんは北海道在住という事で、首都圏近辺在住の方よりもオンラインの講座に注目してマメにチェックされてるのかな。

スクリャービンのマズルカOp.3−3も弾きたいけど本家本元?!のショパンのマズルカも弾きたい!((o(´∀`)o))ワクワク
ショパンのマズルカは曲数が多いから、自分の好みとレベルに合いそうな曲を見つけられそうなのが魅力♪

PS:もうすぐWEB発表会の締切ですね。弾くつもりでいた曲の出来がいまいちなので、つい先日、参加曲を変更しました〜(^o^;
短い曲にしたけど間に合うかヤバい〜(_ _;)
動画のアップロード問題もまだ解決してない…(;´д`)トホホ…
かつさんがコメでアドバイスして下さった方法も試してみたいです。今回は間に合わないので今までの画像&動画を削除して試してます。毎回こんな感じで直前に慌ててドタバタしちゃうの(発表会も毎回そう^^;)何とかしたいけどテキトーな性格はなかなか治りません〜(;´Д`)

お裾分けありがとうございました

web講座の概要、のせて頂き、ありがとうございます!
私は、PCを持っていない&通信環境に詳しくないので、こういう記事があると助かります。(スマホでも、受講できるかもしれないかもですが、、、?)

ショパンのマズルカって、日記かショートエッセイのような感じなのかな、と思います。短めの曲で、一見、他の形式の曲のように気負って書いた風じゃないけれど、深い情感を感じる。
手元に、イリーナ・メジューエワ演奏のマズルカ全集のCDがあるので、もう一回じっくりと聴いてみようかな。

そういえば今、ショパコンの最中なんですよね。
今年は、日本人のエントリーが、史上最高なんじゃないかってくらいいますが。。。
エントリーされた方の中には、もう演奏活動の経験を十分積んでいる方々もおられますね。
ピアノマニアな方は、コンクールの動向を欠かさずチェックしてるんでしょうか。

講座つながりですが、かつさんが1年前くらいにブログで、暗譜克服についての記事を載せていましたが、リンクされてた動画(作曲家の方とアマチュアピアニストの医師の方)をみて、なるほどな、と思いました。
ゆっくり弾くことが大事という作曲家の方と、跳躍部分ではいきなり弾かずに一旦止まってみて、次の音が頭に入っているか確かめてみると言う医師の方。
私がコメント欄で何回かお名前を挙げた、新潟県内在住のチェンバロ奏者、八百板正己先生が、「超効率バッハ練習法」という本を自費出版されているのですが、それにも、まず最初は、呆れるほどゆっくり弾いてみる、とあります。
何回かゆっくり弾いていると、「音楽が体の(頭の)中に入ってくる」と感じられる時があるので、それまでゆっくりと練習する事とあります。
急がば回れ、って大事ですね。😊
(私の場合は、「ゆっくり弾く」から先に進めない→速く弾けない のですが。。。💦)

あと、全然関係ないのですが、私がコメントを書いたあとのスペースに、いやに空白が多いのですが。。。ほかの方達の所には、文章のあとの広い空白部分て、ないですよね。。。どうやったらなくなるのだろう?













Re: No title

ぴあのりこさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

そうです!2005年、ブレハッチが優勝した年のショパンコンクールですね。
この年は辻井さんも参加されていて豪華なメンバーですね

オンラインレッスンの時はネコがジャマをしに来るので心配しましたが、問題ありませんでした!
こちら側の画面と音声はOFFにするので余計な気を使わなくてもいいですし、なにか話をするわけでもないので家族のかたも気にならない(パソコンを眺めているようにしか見えない)と思いますよ
zoomは…メールで送られてくるURLをクリックするだけなので心配はありませんが、、慣れていないと不安ですよね。

>本来のマズルカと違って、アレンジ要素が強いのかなと思いました。
山本さんもヨーロッパのひとに受け入れてもらえるよう意識して作曲していると説明をされていました。
ひとつのマズルカに複数の踊りの要素を取り入れたのも「おいしいとこどり」だったのかもしれないですね
((´∀`))ケラケラ

マズルカ実演講座、わたしも探しているのですがバレエのマズルカしか見当たりません。。
踊れるようになりたいですね

Re: No title

タワシさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

楽しかったですよ♪こんどはタワシさんも一緒にいかがでしょうか
期間限定でアーカイブがみられるのでリアルタイムに受講できなくても大丈夫です!
文章では表現できない、表現できても理解できない箇所も弾いていただけると納得できます
※納得できてもそのように演奏はできないけれど…

来年はバロックと現代曲と決めていましたが、講座を受けてショパンの弾くことにしました
でもその前にスクリャービンのマズルカをどうにかしなければ。。
少しでも今回学んだことを活かせるよう頑張ります!

アップライトピアノ…そうですよね?!考えられないですよね!
ホールとまでは言いませんが、ムジカノーヴァ主催なら場所はいくらでもあったと思うのに。。500円プラスでも良いのでケチらないでもらいたかったです。

プラネタリウムでコンサートだなんて最高!!
天井も高いと思うのでピアノの音が響きそうですね。たしかにグランドピアノで聴きたいかも。
でも星を見ながら月の光など聴いたら、昇天し夢の世界に誘われそうです
(;´Д`)

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

わたしはくらぽんさんがショパンコンクールについて詳しく書いてくださったおかげでショパンコンクールに興味がもてました♪ありがとうございます・
2次予選、3次予選などそのステージで弾く曲が決められていることすら知らなかったので勉強になりました。。。
3次予選はマズルカ、楽しみですね!!
山本さんが「マズルカは間の取り方など特徴がいろいろあるけれど本来は自由で楽しい音楽」と仰っていました。
そんな余裕はないかもしれませんが、、皆さん楽しんで演奏できるといいですね

Re: タイムリーな記事で嬉しい♪

きんどーちゃん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

オンラインレッスンは受けたことがあるものの、こういうオンラインで受けられる講座があることは最近知りました。
※指導者向けの講座(ブルグミュラーの活用方法やインベンションの指導ポイントなど)が多いので始まったばかりなのかもしれませんね。今後に期待!
舞曲、とくにマズルカは「聴くのも弾くのも苦手!」というかたがいますよね。
わたしはルービンシュタインのマズルカを聴いて、ショパン作品の中でも1番と言ってもいいくらいマズルカが好きでしたが、、実際に弾くと本当に楽しくてもっと好きになりましたよ♪
きんどーちゃんもハマっちゃうと思うな~
((´∀`))ケラケラ

バラキレフ、リャードフやスクリャービンなどロシア人作曲家によるマズルカも魅力的ですが、やはりショパンは本物の香りがしますよね
難易度の高い本格的な作品から見開き1ページ程度の作品もあるのでそのときの気分によって選びたい放題です♪
いや、、難易度が高い作品は選べないけれど…
(;´Д`)

>山本さんの経歴を考えるとリーズナブル
本当にそう!ピティナ主催や朝日カルチャーセンターのオンライン講座ならば4000円程度かかりますが、ムジカノーヴァのオンラインスクールは本当にお手頃価格でありがたい!
もっと講座数があればいいのですが、、、つぎの機会がありましたらきんどーちゃんもぜひ受講してみてください

ちなみに札幌でも(音楽関係の学校はあるけれど)こういう講座はあまり見かけませんね。。。
あったとしても指導者向けか子ども向けのコンクール対策のセミナーばかり。音楽愛好家に向けた講座は東京でないとひとが集まらないのかもしれませんね
ちなみに来月札幌でピアニストのジャンミッシェル・キムさんによるレクチャーコンサート(フランス歌曲の演奏法と解釈)が開催されるのですが、、こちらは仕事の都合で行けません
その点、オンライン講座は基本アーカイブ配信があるので仕事がはいっていても見ることができます!
※青柳いづみこさんのドビュッシーの講座、、最高ですね!オンラインで開催してほしい

ピアノWeb発表会、いろいろ検討いただきありがとうごじます!
わたしもようやく頑張ってポップス曲を仕上げようと決心がついたところです
(* ´艸`)クスクス
きんどーちゃんも無理しないで、参加できそうできそうであればよろしくお願いいたします♪

No title

お役に立てて、嬉しいです。

私もショパンコンクール楽しんで観てます。
幸せそうに弾いているコンテスタントを観て、私も幸せな気分になっています。

Re: お裾分けありがとうございました

もとブラス娘さん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

返信が遅くなり申し訳ありません!

PCが推奨環境のようでしたがZOOMが使用できればスマートフォンからでも十分見ることが出来ます!
※通信環境的問題により遅延等が発生して見づらかったとしても、基本的にオンライン講座は期間限定でアーカイブ配信されるので見ることが出来ると思いますよ
今回もYouTubeに講座の動画がアップロードされ参加者のみに限定配信されていました。

マズルカとポロネーズはショパンの祖国であるポーランドの民俗舞曲ですし、
とくにマズルカはポーランドを離れてから亡くなるまで生涯書き続けていますから特別な思い入れがあるのは間違いないと思います!

イリーナ・メジューエワ演奏のマズルカ全集、良いですね!わたしも聴いてみたいです
(ポーランドがロシアに併合されていた時期もあるせいなのか)ロシア人作曲家はマズルカを好んで作曲していますね
ロシア人ピアノストにもマズルカのリズムが体に染みついているのかも。。

ショパンコンクール、いよいよファイナルですね!!
わたしはマニアではないのであまり熱心にチェックはしていませんが、、Twitterにはたくさんの応援ツイートが上がっていましたよ♪
※牛田さんが姿を消してから急にさめてしまった印象ですが…
(;´Д`)

ちなみにわたしは(先日コンサートを聴きに行ったばかりなので)反田さんを応援していますが、小林さんの演奏が輝いていたように思います。
ふたりともファイナルに進出できて嬉しいです♪

暗譜克服についての記事、書きましたね~
結局、発表会は楽譜を見ながら演奏しましたし、楽譜を見て弾いた割にびっくりするくらい間違えましたが…
(´Д⊂グスン

ある程度知っている(聴いたことがある)作品でないと最初からゆっくり弾きすぎると全体像がつかめないようにも思いますが…
ある程度弾ける状態になっても、ゆっくり弾くと全然思い出せないことありますよね。
とくにバッハは2~4つの旋律それぞれを独立して弾けるようにならなければいけませんが、音程(音と音の間隔)だけを覚えて無意識で弾いてしまうことがあります。
※むしろ意識しないとそう弾いてしまう。。
なのでわたしもバッハ作品は必ず各声部ごとそして全体をあわせてゆっくり弾く練習をしています!
ただわたしももとブラス娘さん同様に速く弾くとすぐに崩れて弾けません。。
(;´Д`)

>私がコメントを書いたあとのスペースに、いやに空白が多いのですが
なんでしょうね。。改行が入っているとか、文字コードが反応しているとか…わかりません。申し訳ありません。
そのまま改行多めでもわたしは大丈夫なのでもとブラス娘さんも気にしないでいただけたらと思います。

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

返信が遅くなり申し訳ありません!

こちらこそショパンコンクールの情報、大変重宝しました♪ありがとうございました。
いよいよショパンコンクールもファイナル!!
反田さんと小林さんの健闘を祈りつつ、ファイナリスト全員自分のベストが尽くせると良いなと思います
…けれどやっぱり日本人ピアニストを応援
(;´Д`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング