記事一覧

第5回ピアノWeb発表会 Vol.1

来年のいまごろはコロナが終息していればいいなぁ…などと期待しておりましたが
「第4波」非常事態宣言が発令されて収まる気配もない。。。

自粛ばかりで息が詰まる、イライラする…
そんなときは一心不乱にピアノを弾く!
疲れたらピアノWeb発表会を見ながら紅茶orコーヒー
(((o(*゚▽゚*)o)))ワイン?

今回もステキな作品がたくさん集まりました♪
ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございます。

健康であれば、生きていればピアノは弾ける!
体調管理を万全に、くれぐれもご自愛くださいませ。

----
★漏れている方やサイト等に不備がございましたら恐れ入りますがご連絡ください!
★プログラムは一斉公開となりますが、ブログはコメント付きで順次アップいたします
  ※順不同です。なんとなくプログラムサイトと順番を変えてみました。
★コメントの返信が滞ることが予想されます。。申し訳ありません
----

それでは早速、第5回ピアノWeb発表会どうぞ♪
※現時点でサイトが完成していないという危機的状況
(;´Д`)


★★★★プログラム1番★★★★

【ピアニスト】:くらぽんさん
【曲名】:ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)
【作曲家】:アイルランド民謡
【コメント】:ロンドンデリーの歌はアイルランドの民謡で、イギリス領北アイルランドでは国家としての扱いを受けています。様々な歌詞によって歌われていますが、特にダニーボーイが有名です。
曲のタイトルにロンドンってついているからイギリスのロンドンのことかと思ったら、そうではなくて北アイルランドの県の名前、ロンドンデリー県/デリー県に由来していました。
私がこの曲を選んだ理由は、民謡なら私でも弾ける曲があるかもしれないという単純な発想からです。
ネットでお借りしたアイルランド島(アイルランド共和国も含めて)の写真を集めてスライドショーも作ってみたので、楽しんでいただけたら嬉しいです。



【かつコメ】
いつもトップバッターとして花を添えてくださっているくらぽんさん。ピアノWeb発表会の特攻隊長としてもお馴染みですよね?!
日本ではなかにし礼さん訳詞でも有名な『ダニーボーイ』ですが、もともとは北アイルランド民謡で後世に歌詞が付けられた作品なのですね。
『ダニーボーイ』では息子の帰りを待つ親の心情(西洋版『岸壁の母』かしら)を歌詞があてられていますが、くらぽんさんの演奏は素朴でどこか懐かしい民謡本来の魅力が感じられる演奏です



★★★★プログラム2番★★★★

【ピアニスト】:mizukiさん
【曲名】:アディオス・ノニーノ
【作曲家】:アストル・ピアソラ
【コメント】:ピアソラが最愛の父の死に際して鎮魂歌として書かれた曲ですが、自身の作曲した作品の中で最高の曲と称しているそうです。
今回テーマが『心を燃やせ』ということで、自分が聞いて情熱的になる曲を選びました。
短い編曲にもかかわらず、結局何度取り直しても間違わずに弾くことができず大苦戦しましたがとりあえず初動画Upしてみましたのでどうぞよろしくお願いします。



【曲名】:チュニジアの夜
【作曲家】:ディジー・ガレスピー
【コメント】:アフロと4ビートのリズムの組み合わせによるエキゾチックな雰囲気のあるビバップの名曲です。
曲名に地名がつくもので、弾けそうなものがこの曲しか思いつきませんでしたwww
エキゾチックな気分になるには、程遠い拙い演奏ではありますが練習していてとても楽しかったです。



【かつコメ】
今回初参加のmizukiさんはピアソラ作品&ジャズナンバーを弾いてくださいました。
ピアノWeb発表会はクラシック多めなのでとっても新鮮!
この作品はピアソラ生涯最後のステージのアンコールでも演奏されていて、ピアソラの父親に対する思いの深さを感じます。
アルゼンチンタンゴらしい鋭いリズム、レクイエムにふさわしい中間部の哀愁ある旋律、その対比が感じられるステキな演奏です!

ジャズスタンダードナンバー『チュニジアの夜』、じつは私も選曲の候補に挙げていましたが実際弾いてみるととんでもなく難しくて早々に諦めました。。
暑く乾燥した風、暗闇に光る星…じゅうぶんエキゾチックな雰囲気を感じますよ!!
mizukiさんのおかげでアフリカ旅行(チュニジアは北アフリカです)することができました。ありがとうございます♪




★★★★プログラム3番★★★★

【ピアニスト】:私はタワシさん
【曲名】:「世界を巡って」(作品9)より
【作曲家】:レビコフ
【コメント】:ロシアの作曲家 ヴラディーミル・レビコフ(1866-1920)の小品集「世界を巡って」(作品9)は、まさに今回のテーマにうってつけの曲集!! 全18曲の中から、5曲を抜粋し。演奏順序を一部変えて演奏しています。バルカローレあり、マズルカあり、エキゾチックな民族舞曲あり・・・バラエティ豊かで、弾いていてとても楽しかったです♡(「子供のためのやさしい小品集」と明記してある割には、満足な演奏にはほど遠いですが・・・)
お気に入りの楽器店のグランド(カワイ)で弾きました。画像はそのピアノ練習室です♪ 
(注)クラクフはポーランドの都市ですが、作曲当時はオーストリア領でした。



【かつコメ】
ぎんねねさんと同じく皆勤賞のタワシさん。いつも趣向を凝らした選曲でタワシさんの演奏を楽しみにされているかたも多いはず!
今回はタワシさんが世に広めたといっても過言ではないレビコフの作品
個性的でタイプの異なる作品をしっかりと弾き分けられるのは流石です!グランドピアノ響きもいいですね♪
※この曲集には日本も含まれていますが、[日本:シアン・ケアン・ロン]…どこだよ!
((´∀`))ケラケラ



★★★★プログラム4番★★★★

【ピアニスト】:狸茶さん
【曲名】:ナポリのセレナーデ
【作曲家】:アルフレート・グリュンフェルト
【コメント】:『GoToピアノで世界一周』のテーマに沿った曲を探して出会った曲です。
ナポリといえば、美しい海に燦々と輝く太陽、温暖な気候と陽気な人々、そして美味しい食事???らしい(私は訪れたことがありませんが)
セレナーデは小夜曲ともいい、もともとは「夕べに女性のために歌われる恋の歌」という意味合いがあるそうです。
この曲の中にも「マンドリンのように」と楽譜に指示された部分があり、男性がマンドリンを弾きながら歌う情景を思わせます。
いつもながらミスタッチあり、つたない演奏ですがよろしくお願いします。



【かつコメ】
どんな作品でも弾きこなしてしまう狸茶さん。狸茶さんが演奏すると「なぜこの作品が知られていないのかしら?」と不思議に感じてしまいます!
グリュンフェルトは19世紀後半に活躍したドイツ人でピアニスト兼作曲家だそう(レアチャレ継続中ww)
心地よいテンポ&小気味よいリズムでイタリアに旅行したというよりイタリア人になった気分♪情景が浮かぶステキな演奏ありがとうございました!



現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

祝Web発表会開催

かつさん、第5回ピアノWeb発表会の開催ありがとうございました。
この企画を知って、参加させていただくことで、普段のピアノ練習のモチベーションがあがり、とても楽しかったです。
また参加者の方々の演奏や曲を選んだ経緯、またそれに対するかつさんのコメントもお人柄が暖かくて、Webではありますがリアルのピアノ弾き会に参加させていたただいている気分になりました。
企画から編集までかつさんお一人でこなしていただいて大変だったと思いますが、参加者として非常に感謝しています。
本当にありがとうございました&お疲れさまでした!

ありがとうございました。

かつさん、web発表会の開催をして下さり、ありがとうございました。
コーヒーを飲みながらじっくりと聴かせて頂きました。

いつもですが、今回もまた、皆さんの素敵な演奏にうっとりしています。
そして、”かつコメ”今回も楽しく読ませていただきました!(^^)!コレが楽しみで、かつさんのコメントを一通り読んでから、最初に戻ってじっくり演奏を聴くスタイルで満喫しました。

プログラムサイトも、覗きに行きましたが素敵すぎます。

先日のピアノサークルでも今回と同じ曲を弾きましたが、撃沈してきました((+_+))
気持ちが折れかかっていましたが皆さんの演奏に刺激を受けました!
ゴールデンウイークは練習とweb発表会の視聴で忙しくなりそうです(^^♪

Re: 祝Web発表会開催

mizukiさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

返信が遅くなり申し訳ありません!

ブログお持ちだったのですね?!気がつかず申し訳ありません。時間があるときに修正しておきますね。
しかもYoutubeデビューだっただなんてびっくり
デビュー動画でご参加いただけて光栄です(ピアノWeb発表会のためじゃない?!ww)

演奏動画はもちろんのことコメントも楽しいですよね(発表会後のコメントも楽しいです)
「姉が弾いていた」とか「こどもの頃テレビで聴いた」とか、、共感できたり笑えたり
わたしも時々悪ノリして書いてしまいますが…楽しんでいただけて嬉しいです
(;´Д`)

mizukiさんがピアソラ&ジャズスタンダードナンバーを演奏してくださったおかげでピアノWeb発表会がいっそう華やかに、豊かになりました。
ご参加いただきありがとうございました!

Re: ありがとうございました。

いーさん、こんにちは
コメントもありがとうございます♪

返信が遅くなり申し訳ありませんでした!

こちらこそ、いつもご参加&ご視聴いただきありがとうございます!
コーヒーを飲みながら…良いですね。わたしも何度も聴き返して満喫しています
ちなみに初日はコーヒー、二日目はミルクティーでした(どうでもいい情報)
((´∀`))ケラケラ
でもそんなにかつコメをじっくり読んだらダメですよ!文章の粗がバレてしまいます

プログラムサイト、お褒めの言葉ありがとうございます。作り直しした甲斐がありました。
緊張すると練習していた時よりも(自分の能力を超えて)速くなってしまいますよね。。
また全身がガチガチに硬直してしまい指も動かない!
わたしも2021年前半は『ロシアの踊り』を練習し続けるよていですが、ピティナ等では弾く自信がないので持って行きません!

でも弾きあい会では弾く予定(皆さんに犠牲になってもらう予定)なのでいーさんもぜひお聴かせください♪楽しみにしています

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング