記事一覧

モンスター生徒からピアノの先生を守りたいの会

・レッスン終了後に質問/世間話等々があり、レッスン時間が1時間くらいオーバーしてしまう
・時間/曜日問わず練習中の不明点や質問等々がLINEやメールで送られてくる
・生徒都合でのお休みにも関わらず、(当たり前のように)レッスンを振り替えてもらおうとする
・生徒都合でのお休みした分を返金してもらおうとする

ほかにも生徒/保護者から理不尽な要望/クレームが多々あるようで、
時々、Twitterでピアノの先生の嘆きを目にします。
子供のころ、レッスンが入っている日は予定を入れないというのが当たり前!
生徒都合でのお休みはレッスン振替不可でしたし、当然お休みした分の月謝もお支払いしていました。


「そういう時代ではない」というご意見もありますが

ピアノ教室の方針もあると思いますが…上記のような行動は控えるべきですし、先生のご厚意を受けるにしても当然のことと考えるべきではないと思います。
生徒都合でお休みしたにもかかわらず「レッスンを受けていないのだから月謝を払わない」などは論外!
「以前は…」「ほかの教室では…」というのは厚かましいと思うのです。


また「ハッキリ断らない先生も悪い」とのご意見もありますが

私の経験上、理不尽なことをいう人に丁寧に説明したとしても理解していただけない(何を言ってもムダ!)
退会いただこうにも、常軌を逸したモンスター生徒がある事ない事言いふらすのではないかと心配で切り出せないのではないでしょうか。


どうしたらモンスター生徒に対抗できるのか…

モンスター生徒につけこまれてしまう原因を考えると
・教室の運営に関する詳細なルールが決まっていない
・ルール違反があった場合の対応が不明
・生徒がルール順守に同意したことを示す書類(誓約書)がない
・先生自ら親切心でルール違反を黙認し例外を作る


対策としてまずは
1、想定されるトラブルをすべて挙げる
たとえば、、
・生徒都合でのお休みで振替を要求される
・LINEやメールで練習時の不明点が送られてくる
・月謝の支払いが滞る、慢性定期に支払いが遅れる
など


2、それぞれのトラブルの内容を細分化し対応を検討する
たとえば、どこまでを生徒都合の休みとするか
・災害等の緊急事態の場合
・天候(台風/大雪など)によるお休みの場合
・病気(インフルエンザ)によるお休みの場合
・出張や修学旅行など会社や学校によるお休みの場合

何でもかんでも「体調不良」と言い逃れしてつけこまれないよう、「激しい雨」や「体調不良」などの詳細の基準を設けること大切!


3、上記内容を文章の起こし、体験レッスンなどで丁寧に説明。同意のサインをもらう
また誓約書の内容は先生/生徒の共通認識として常に目に見えるところに置く
※Webサイト等でいつでも確認できれば尚可


ただ生徒の立場から言うと、融通が利かないピアノ教室は通えない/通いたくないというのも事実!
誓約書を取り交わす時点で入会拒否されるリスクがある事も念頭に置く必要がありますね

モンスター生徒に押されてではなく、何をサービスとして提供するかは先生が決めること
「このピアノ教室に入会したい」と思わせるだけの魅力が必要になってくるのかもしれません。

モンスター生徒から解放され、ピアノ教室が個性を発揮し魅力的になっていくことを願います!


現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

モンスターになっちゃったかも!?

かつさん こんにちは

ブログ、にぎわっていますね~!記事の中身の充実と、それに勝るとも劣らない、コメントへの誠実な返信のたまものですね。
喜ばしい…ですが、負担になっていませんか?無理しないでくださいね。

少し前の記事への書き込みで申し訳ありません。
これって、私の事!?という感じで心当たりが…。

›レッスン時間がオーバー

ギクッ!

›時間/曜日問わずLINEやメールが送られてくる

ギクッ、ギクッ!

さらにさらに、先日はうっかりレッスン代をお渡しするのを失念してしまったぁ~~!!!

›月謝の支払いが滞る

……立派なモンスター生徒じゃないですかorz。

反省。申し訳ありません。以後改めます…。

一言で言うと、先生のご厚意に甘えての結果なのですが、モンスター化というのは、気付かないうちに徐々に進むのかも知れません。
レッスンは一対一ですし、先生と生徒の距離感もそれぞれ、ピシッと線引きを出来るような先生でなければ、ズルズル甘えてしまいがちに。

また、子供の生徒の場合、親がモンスターだったり、親同士で情報交換して「○○ちゃんには△△してあげてるのに、どうしてうちの子にはしてくれないんですかっ!?」となったり。

ピアノの先生って、大変ですね…。
ご自宅で教室を開いている場合、他人を家に上げるわけで、よく考えると怖い…。

ヤ○ハみたいなスクールに所属していたら、組織がトラブルの受け皿にはなってくれるのでしょうが、制約も多くてやりにくさもあるのでしょうし。
面倒なことになった場合のために、同業者組合みたいなものはあるのでしょうか。

クズな懺悔コメントですみません( >Д<;)。

Re: モンスターになっちゃったかも!?

BB鉛筆さん、こんにちは
返信が遅くなり申し訳ありません!
コメントありがとうございます♪

わたしも月謝を持って行き忘れたことがあります。。
(;´Д`)
余計なお世話かなと思いましたが、、先生の立場上言えないこともあると思ったので代わりに書かせていただきました。
もちろん先生にも色々な考え方があり一概には言えませんし、先生と生徒の距離が近い場合は問題にならないこともあると思います
先生の話が長くてなかなか帰らせてもらえない…と言うケースもありそうですよね
(;'∀')
ただ先生のご厚意に甘え、それが当たり前にならないよう注意する必要はあるのかなと思います。

わたしもパソコンスクールで講師をしていた時、ひとり授業に遅れている生徒さんがいたので個別で指導していたら、、
時間外まで質問をしにくるようになり
ほかの生徒さんからは「○○さんばかり親切に教える」とクレームをつけられ
「ご自身でも調べてみましょう!」と(やんわり)お断りすると「前は教えてくれたのに」と言われて、、、大変でした。

生徒の立場からすると先生は一人、先生の立場からすると生徒は複数名
生徒全員に、しかも平等になるよう対応するのは難しいですね。

ピアノの先生が一番頭を悩ますのは生徒の親なのではないでしょうか…
「来年の発表会で○○ちゃんは『子犬のワルツ』らしいですね?!なぜ、うちの子は弾かせてもらえないのでしょうか?」
「うちの子は先生に教えていただいた通り演奏したのにコンクール本選に進めなかった、、、なぜですか?」
それが直接言われ、LINEでも質問されたらノイローゼになってしまいます。
「実力不足!!」と言ってやりたいでしょうけれど、、言えないでしょうね。

クレーマーが音楽スクールに苦情を出せば先生を変更する等で対応すると思いますが、、指導に関わる内容であれば先生がクレーム対応をしていると思います。
ちなみに月謝未払いトラブルについては月謝の代行回収業者があるみたいですよ!!ただし、当然ながら手数料等費用が発生するので利用しているピアノ教室は少ないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング