記事一覧

第四回、レア・ピアノミュージック・チャレンジ♪前半

第四回『レア・ピアノミュージック・チャレンジ』開催!!!!
いつもご参加いただいている皆さま、ありがとうございます
いつも聴いてくださっている皆さま、ありがとうございます

---
第一回レアチャレ前半はこちら♪
第一回レアチャレ後半はこちら♪
第二回レアチャレ前半はこちら♪
第二回レアチャレ後半はこちら♪
第二回レアチャレ前半はこちら♪
第二回レアチャレ後半はこちら♪
---

今回もいままでと同様に前半と後半でご紹介させていただきます。

前半:10:00~公開
後半:15:00~公開


ピアノWeb発表会開催時期とかぶったため期間が空きましたがレアチャレも今回で4回目!!
レアな作品に目覚めたかたは…いまのところいないようですが
((´∀`))ケラケラ
新しい音楽に触れて皆さんの世界も広がるはず!!
皆さまもぜひ楽しんで聴いてください!



私はタワシさん
作品:祈り ?6つの歌 Op.46より?
作曲家:ヒラー
ひとこと:ショパンやリストと同時期に活躍した、ドイツのピアニスト・作曲家、フェルディナント・ヒラー(1811 - 1885)の歌曲「祈り」(歌詞:ガイベル)を、ピアノソロにアレンジして弾きました。
歌とピアノ伴奏の3段譜を見ながら、極力原曲の伴奏パートを忠実に拾うように努めたつもりですが、歌パートとの音域の絡みや、演奏者の手の事情(指が届かない!)などで、一部改変しています。




作品:椿
作曲家:井上明美
ひとこと:「こどものためのピアノアルバム ?現代日本の作曲家による?」(全音楽譜出版, 1971)という古い楽譜に収録されている、わずか1ページ(演奏時間1分少々)の小品。冬の寒空の下に花開くツバキの凛とした姿を表現しています。



★かつこめ
前回のWeb発表会のテーマを思わせる『祈り』。今回はなんとタワシさんアレンジなんですね?!
音が豊かで心安らぐ作品、演奏ですね
現在は忘れ去られてしまった作曲家といえるかもしれませんが、ヒラーはユダヤ系なのでかつてのメンデルスゾーンのように意図的に低く評価された可能性もあるかもしれませんね?!
素晴らしい作品が眠っているような予感がします!!

『椿』という曲名に和テイストの作品をイメージしましたが、現代的で心地よい響きの作品です
わたしのように現代音楽を弾くのに慣れていないと、どう弾いてよいか戸惑いぎこちない演奏になってしまいますが、バロック~現代音楽、合唱曲からアレンジまでなんでもござれのタワシさん、さすがですね
ヒラー『祈り』から続けて聴いても何ら違和感がありません!



【BB鉛筆さん】
作品:カンツォネッタ171番
作曲家:ブクステフーデ
ひとこと:若き日のバッハが、片道400キロ近く歩いて演奏を聴きに行ったという、「心の師」ブクステフーデ。バッハが「音楽の父」なら、「音楽の祖父」?でも、エピソードが有名な割には、耳にする機会がないような。オルガン曲が多く、ハープシコード用の曲をあまり書かなかったせいでしょうか。この曲も、オルガン曲の編曲のようです。



作品:トッカータホ短調 BWV914
作曲家:J.S.バッハ
ひとこと:バッハです。CPEでも、WFでもなく、大バッハ。どこがレアぢゃい!…強いて言うなら、20代の、若いバッハというところがレアでしょうか。なんか、生まれた時にはもう30歳くらいで、肖像画の顔だった感じしませんか?
ヤング・バッハ、曲もまだ、ブクステフーデなどの影響を受けていて、バッハとして完成されておらず、そこがまた魅力。(演奏が未熟で完成されていないのは、また別の話。いっぱい間違えました。すみません…)



★かつこめ
ブクステフーデという作曲家のお名前を初めて耳にしました!
作曲家の名前すら聞いたことがないというのはレアチャレでは初めてかも。勉強になります!
ブクステフーデは1637年頃デンマークに生まれ、北ドイツで活躍した作曲家だそう
戦争と疫病に苦しんだ時代に作曲されたとは思えないほど朗らかで生き生きとした作品ですね


知識の偏りと言いますか、レア曲好きの弊害といいますか…
バッハやベートーヴェンといった偉大な作曲家の作品には疎く、この作品がレアなのか否かすら判断がつかない
(;´Д`)お恥ずかしい
ですが随所にバッハらしさが感じられて20代にして完成度の高さに驚きです!やるな※へなちょこが偉そうに

過去のレアチャレで芥川也寸志さんと田中カレンさんの作品を披露してくださったBB鉛筆さんが
300年の時を遡りバッハの作品を紹介してくださいました♪
豊富な知識となんでも弾きこなせてしまうピアノセンスがうらやましいです!




狸茶さん
作品:2つの性格的小品Op.164より タンゴ イ短調
作曲家:アルベニス
ひとこと:有名な「タンゴ ニ長調」(Op.165)に隠れているかのようなイ短調のタンゴですが、同じハバネラ形式でありながら対照的に哀愁を帯びた旋律が印象的な曲です。
ギターでは演奏されているようですが、ピアノで弾いているのをリアルで聴いたことがなかったのでレア曲として選びました。
相変わらず指はもつれ、酔っぱらいのような感じになってしまいました(-_-;)
主旨は曲の紹介ということで、そのあたりはご容赦ください(小さい音量を推奨いたします♪)



★かつこめ
狸茶さんはこれまでドビュッシーやゴドフスキー等色々弾いてくださいましたが、私の中で狸茶さん=アルベニスorセヴラックのイメージ
情熱的な雰囲気、鋭いリズム…これぞスペイン音楽という感じの作品ですね
狸茶さんの紹介文にあるようにアルベニスの『タンゴ』といったら組曲スペインが有名ですが、私のこの作品のほうが好き♪
さすが狸茶さん、もうアルベニスマスターと呼ばせていただきます!



現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

目覚めました!

かつさん こんにちは

今日(もう昨日?)は、リアル発表会のコーディネート、ありがとうございました&お疲れさまでした。
直前まで、レアチャレのサイトの編集をしていたとのこと、本当にお疲れ様でした。しかも、この週末は夜勤続きの後にまたイベントがあるとか…。本当に、体に気を付けて下さいね~。

>レアな作品に目覚めたかたは…いまのところいないようですが

いやいや!私、目覚めましたとも!レアチャレのおかげで、邦人作曲家に目覚め、ついでに今まで空白だった印象派にも目覚めてしまいました。本当にありがたいことです。レアチャレの道はすべてに通ず(今作った標語)

ブクステフーデさんについて、補足します。

私が知ったのは、フランチェスコ・トリスターノというピアニストが、「ロング・ウォーク」というアルバムで紹介していたのと(ロング・ウォークとは、バッハが歩いて演奏を聴きに行ったというエピソードのこと)、たまたま見たヘンデルの伝記映画で、ブクステフーデが務めていたリューベックのオルガニストの後継を、バッハとヘンデルがそれぞれ希望したという話があったからでした。

※ちなみに、後継者になるには、ブクステフーデの娘と結婚しなくてはならなくて、結局2人ともあきらめたということは……。

今では(少なくとも日本では)あまり演奏されませんが、当時は相当なビッグネームだったということですね。

トン・コープマンがオルガン作品を演奏していて、バッハとはまた違う、陽光に溢れた印象の曲が多いです。高音部が特に、キラキラしているんですよ。

Re: 目覚めました!

BB鉛筆さん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

昨日はありがとうございました。
検温&マスク着用&ソーシャルディスタンス&換気休憩&演奏後の消毒&時間差帰宅
やれるべきことは全てやった思うのであとは皆さんの体調に変わりないことを祈るばかりです。
レアチャレは前日にほぼ準備が終わっていたのですが当日寝坊してアップが遅れてしまいました。まさかバレていたとは...
(;´д`)しかも当日練習せず本番に挑んで撃沈
いえいえ、BB鉛筆さんは最初から詳しかったですよ
( *´艸`)
最初から弾きなれている感があってわかりませんでしたがもしかして田中カレンさんや芥川さんはレアチャレ効果なのでしょうか?
そして印象派の作品を避けていたとは知りませんでした!
※じつはわたしのあえて避けています。。手を出したら弾きたい曲で溢れかえってしまうので...断捨離
グラドゥスとゾウさん、いつか聴かせてくださいね!

ブクステフーデの詳しいお話ありがとうございました!
私はバロック=バッハと考えるのが好きではないわりに、バッハ以外弾いたことがないダメやつです
( ;∀;)
バッハもブクステフーデに影響を受けたようでプロテスタント宗教音楽の礎を作った作曲家と言っても過言ではないようですね
しかもwikiをみたらオルガン音楽も70作品あるようなのでこれからブームが来る可能性もありますね!

わたしもBB鉛筆さんに影響を受けて来年はバロックを一曲弾くと決めました!!
お互い刺激しあって今後も一緒に成長していきましょう♪

No title

かつさん、今回もご多忙な中、こんな素敵な企画を届けて下さって、本当に感謝しています。相当過密なスケジュールのようですが、お体、本当に大丈夫ですか?

レアチャレとWeb発表会は、今や私のピアノライフの大事な大事な一部分です。特に今のように、リアルな発表会や練習会が自由にできない中にあっては、その存在意義は大きいですよね!
かつコメも相変わらずなめらかで、暖かくて微笑ましくて・・・「かつコメファン」が多いのも納得です。

>レアな作品に目覚めたかたは…いまのところいないようですが
→そんなこと絶対ないですよ!
私はもともとレア曲には興味がある方でしたけど、この企画のおかげでレア曲への想いが一段と高まっていますし、まだまだ未知の曲が多いなあと改めて思っています。かつさん、そして参加者の皆さん、ありがとうございます。
次回で終わりというのがなんとも寂しいです。不定期で良いので、少し間をおいて是非また開催してくださいね。
なお、次回は有終の美を飾りたいのはやまやまなのですが、郵便局という職場の性格上(?)、年末年始の多忙ぶりは半端なく、多分その頃には疲れ果ててヘロヘロだと思います。ということで次回もいつもの路線(易しい!短い!)になること必至ですが、参加することに意義があるということでご了承くださいませ〜

Re: No title

タワシさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

今回もステキな作品をご紹介いただきありがとうございました!
>レアチャレとWeb発表会は、今や私のピアノライフの大事な大事な一部分です
そういっていただけると嬉しいです♪
こどもの頃、ピアノの発表会だけを楽しみに練習していて
「年4回ぐらい発表会があったら(頑張って練習するようになり)上手くなるんじゃない?!」と思っていました
※普通は発表会などなくても一生懸命に練習するのでしょうが…
でも目標があるとモチベーションが違いますよね?!
来年は不定期で開催する予定なのでその時はまたよろしくお願いいたします。

レアチャレは福間洸太朗さんの企画「レア・ピアノ・ミュージック」を基にしていますが、以前からタワシさんのシューイチのように定期的に動画をアップすることを考えていました!
さすがにシューイチは難しいのでツキイチ※パクリ根性
でもツキイチでも大変ですね!!
タワシさんは「やさしい曲」と仰いますが、全然やさしくないですし、タワシさんのようには仕上がりません!
この企画を通じでタワシさんの凄さを改めて実感しました!尊敬!

熱もない(35度台)、咳もない、味覚は普通で体調は問題ないのですが、気温が寒いと寒気に感じ、部屋が熱いと熱があるように感じて…神経過敏?!
これもコロナの弊害でしょうか。
でも注意するに越したことはないですね?!ピアノがあれば元気になれるので一番の特効薬です!

タワシさんも年末年始忙しいことと思いますが、くれぐれも体調にお気を付けくださいませ

No title

狸茶さんの演奏の大ファンで、今回も楽しみにやってきましたが、期待通り、いやそれをはるかに上回る素晴らしい出来で聴き惚れてしまいました。もう何十回もリピしています。
本当にスペイン物がお似合いですね。もしかして体の中にスペインの血が流れているのでは、と思うほどです。楽譜には書ききれない細やかな感情の揺れや息遣いまでもが伝わってくるようなそうです。何より音楽にいのちが感じられるのが素晴らしいですね!
ほかの人たちの演奏も一通り聴きましたが、狸茶さんの表現力は一人とびぬけていますね。もうなんというか「格が違う」という印象です。努力で身につくものではなく生まれ持っての天性だと思います。本当にうらやましい…。
このような企画を発想し、ご多忙の中毎回実現してくださっているかつさんにも心から感謝します。かつさん、そしてこのブログなしくしては、狸茶さんを知ることもありませんでした。
残すところ第一回ですね!狸茶さん何をひいてくださるだろう?今から楽しみでなりません。
かつさんもどうか おからだご自愛ください。2021年の年頭を飾る、そして差し当たっては最後の,レアチャレ会場でまたお会いしましょう!

Re: No title

Tさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

レアピアノミュージックチャレンジ、ご視聴ありがとうございました。そういっていただけると開催してよかったです
狸茶さんのスペイン音楽(フランス音楽もですが)素敵ですよね♪きっと
前世はスペイン人ですね((´∀`))ケラケラ
わたしもスペイン音楽がすきなので狸茶さんの演奏を楽しみにしています!
アルベニスもステキな作品がたくさんありますがアルベニスだけでなくグラナドスやファリャも弾いてほしいなぁ
(〃艸〃)
期間が短く、年末の忙しい時期なので次回のレアチャレに狸茶さんが参加されるかはわかりませんが、、楽しみですね。
狸茶さんの演奏の大ファンであれば直接狸茶さんのブログにコメントされてはいかがでしょうか?!
※『へべれけ』というタイトルからブログが更新されていおりませんが…きっと喜ばれると思います

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング