記事一覧

コントロールスキルを身につける

「全巻1時間で弾けます」byハノン

いやいや、1時間を捻出することがどれだけ大変か!
捻出した時間をすべてハノンに費やせというのか!!
そしてもう一つ重要なこと…
たった1時間ではハノンすべて弾くことはムリ!!

テクニック教材の活用方法についてピアニストや先生がたがYouTube等で紹介してくださっていますが
初心者と上級者、アマチュアと音高/音大生では練習内容も練習にあてられる時間も異なるので意外と自分にある練習方法を見つけるのは大変。。

闇雲に探すのではなく、テクニック教材を使用する目的から考えてみるのもいいかもしれません
コメまた下手なくせにいい加減なことを指南するなと言われちゃうかしら
((´∀`))ケラケラ

テクニック教材を使用する主な目的は
1、素早く複雑な動きに対応できるメカニックスキルの向上
2、音量のバランス、音色等のコントロールスキルの向上
だと思います。

メカニックは古典期作品やロマン派以降のエチュード系作品に欠かせないスキル
ハノンのように同じ音型を繰り返し練習したり、スケール/アルペジオ/半音階などを
ゆっくりから少しずつテンポを上げていく練習方法が紹介されることが多いように感じます。

一方、コントロールスキルはバロック作品やシューマン、チャイコフスキーなどの複旋律作品を演奏するのに欠かせないスキル
保持音の練習や重音トリルなどを非常にゆっくり、そして弱音で一つ一つの動きを確認しながら弾く練習方法が紹介されていたりします。

どちらもより良い演奏するために必要なスキルですが…テクニック教材自体メカニックスキルに偏りがち
やっぱり速いテンポの曲を流れるように弾きたいですからね

コントロールスキル向上のための良教材がなかなか見つけられないでいましたが…
最近YouTubeで取り上げられて楽譜が入荷待ちになったドホナーニの練習曲





ドホナーニの練習曲の存在は知っていたものの上級者向けの練習曲としてスルーしてきましたが、
ピアニスト森本麻衣さんも「レベル不問」と仰っていますし、コントロールスキルを身につけるために最良の教材かも…
1日、5分でもやる価値はありそうですね

無料楽譜
上記ページの【Essential Finger Exercises】

「いやいやドホナーニなんて難しすぎる」というかたは
バーナム3巻に掲載されている『水泳』もおすすめ♪

現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

No title

こんにちは。

かつさんも、やはりドホナーニ 知っていたのですね。
私も森本麻衣先生の動画みるまでスルーしていました。

で、日本で買えないからSheetMusicPlusで注文したのですが、まだ出荷されていません。アマゾンも楽天もまだ欠品中ですね。

バーナムの水泳!確かに似てますね。
私これ全然できなくて、半年ぐらいかかった気がします。

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

くらぽんさんもブログでドホナーニについて書かれていましたよね?!
森本麻衣先生の動画は私には難しい内容も多いのですが
「腕は使わない、指だけでコントロールする」「ゆっくり弱音で」等々説明もわかりやすくてやってみようかなという気になりました♪
それにしても森本麻衣先生の影響力でしょうか...欠品中入荷待ちは凄いですよね。。突然のドホナーニブームで出版社もびっくりでしょうね
(*´▽`)ケラケラ
くらぽんさんもバーナムの水泳、やりましたか!
バーナムは突然難しい曲が登場しますよね。。

No title

みんな熱心だな~(* ̄∇ ̄*)

ボナー二か…。
私は絶対続かないから端から手出ししませんf(^_^;

コルトーとかピシュナにもありますよね、保持音付きのトレーニング。
結局、コントロールには指の独立が不可欠ってことなんでしょうね。

コルトーのピアノメトード

最近、コルトーのピアノメトードを知りました。
なんか、ミニマル・ミュージックみたいで面白いです。
でも、脱力が難しそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=9imEhD5F5cA

https://www.youtube.com/watch?v=MinMrhEqk1U

No title

かつさん、こんにちは
いつもお世話になっております!

有効な教材のお知らせを、ありがとうございます^^

ドホナーニ、知らなかったですが、似たような練習はやっていたことがあります!練習の方向性としては良かったのですね!飽きっぽいので、続かなかった・・・orz 続けていたら、私の指は今頃???

バーナム3巻にもあるとのことで、さっそく探してみたら、ありました「水泳」が!!

2巻の「懸垂」もよさそうですよね♪

しばらく「懸垂」と「水泳」をちょくちょくやってみようと思います。

懸垂と水泳をマスターして、生きているうちにドホナーニの教本を手に入れたいものです^^;

Re: No title

たぬぴょんさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

ピアニスト森本麻衣さんも動画で「脳の指令が指先にいく」トレーニングと仰っているように、各指をコントロールする力
それが指の独立なのでしょうね。。
年を追うごとに素早い動きが困難になるのでこういうトレーニングを積んで若いころとは違う繊細な音楽を奏でるようになりたいなぁとおもいますが、、、こういう練習曲を毎日コツコツやるのが一番難しい
(;´Д`)

Re: コルトーのピアノメトード

ぴあのけものみちさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

コルトーのピアノメトード、こちらも知ってはいましたがドホナーニ同様私には早いとスルーしていました!
伊藤さんが動画の中で仰っているようにこのメトードを解説している動画少ないですよね…
ぴあのけものみちさんに教えてもらい勉強になりました!!!
ありがとうございます♪

ちなみにコルトーのピアノメトードの入門書にあたるのが
ジャンヌ・ブランカール著の「初心者のためのピアノ・テクニックの基本原理」
のようですよ!!!

https://www.musicliaison.com/concert-y/blog_detail/s/3614/

コチラも気になる~!!※色々なものに手を付けて結局どれもやらなくなるパターン
(;´Д`)

Re: No title

ina-kibiさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

こどもの頃、保持音という言葉も知りませんでしたが「これは指の独立にいい!」と自分で保持音つきのメソッドを作りましたよ!
時代を先取りし過ぎていました※ドホナーニのほうが早いけれど…
ただ飽きず続けるのは本当に大変!自分で作ったメソッドさえ三日坊主なのですから!
続けていたらきっとポリーニかアルゲリッチでしたね
(*`艸´)ウシシシ

バーナム2巻の「懸垂」。。ふむふむ
バーナム2巻は持っていませんが、こどもの頃にやっていてその影響でメソッドを作ったように思います
「懸垂」と「水泳」をマスターしたら別の何かになりそうですが、10年後にはコントロールのきいた指でバッハのイタリア協奏曲を弾けるよう頑張ります!まずは懸垂から?!

No title

かつさん、こんにちは。

「初心者のためのピアノ・テクニックの基本原理」持ってました。で、独学では無理だったので1回も使わずにブックオフに売っちゃいました。
森本麻衣先生のドホナーニの解説動画ぐらいしっかりした動画があったら独学でもいけるかもしれませんが、初心者用だし初心者でそこまで気にする人はそんなにいないし、ってなると誰も動画を作らない・・・?

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

「初心者のためのピアノ・テクニックの基本原理」持っていましたか?!
わたしも立ち読みしてみましたよ。良い教材にも思いますが、、説明も音符も詰め込まれすぎて見づらい印象でした
あと詳しくは書かれていますが自分で意識して弾くのはむずかしく独学には向いていないですね
説明動画だけではどうのもならないかも…この教材を使いこなせる先生のもとでしっかり学べると良いかもしれないですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング