記事一覧

第三回、レア・ピアノミュージック・チャレンジ♪後半

第三回『レア・ピアノミュージック・チャレンジ』開催!!!!
いつもご参加いただいている皆さま、ありがとうございます
いつも聴いてくださっている皆さま、ありがとうございます

---
第一回レアチャレ前半はこちら♪
第一回レアチャレ後半はこちら♪
第二回レアチャレ前半はこちら♪
第二回レアチャレ後半はこちら♪
---

今回も前回と同様に前半と後半でご紹介させていただきます。

前半:10:00~公開
後半:15:00~公開

今回の後半は日本人作曲家による作品を集めてみました!
聴きなじみはありませんが芸術的香り高い作品ばかり!
弾きあい会などで偉大ないる作曲家の素晴らしい作品の合間に弾くとホッと一息つけそうですよね♪
では早速どうぞ~


【ぎんねねさん】
作品:24の旋律的練習曲「菊の花」 Op.132-23
作曲家:グルリット
ひとこと:グルリットといえば、子供の曲集に必ず登場する作曲家です。
私の勝手なイメージでは、どちらかといえば平凡な曲が多いかなぁと思っていましたが探してみると魅力的な曲もたくさん作曲されていました。小品が多いのも特徴です。
この曲も1ページの曲ですが、今までのグルリットのイメージとは又違った曲だと思います。




作品:静かな秋の夜の気分ですⅢ「四つの気分」より
作曲家:兼田敏
ひとこと:「四つの気分」は春、夏、秋、冬の4曲からなります。
なんとなく一番気に入った曲が秋でした。
ちょうど季節的にも合うかなぁと選曲しました。




★かつこめ
グルリットの子どもの小品も愛らしく魅力的な作品がたくさんありますが、ご紹介いただいた作品は華やかで大人の雰囲気溢れていて、いつもとは違う魅力ですね!
アルペジオの細かな音が菊の花びらのように美しくステキな演奏♪さすがぎんねねさんです!

作曲家兼田敏さんのお名前をはじめて聞きました!
近現代的響きや日本的響きが魅力的で神秘的な雰囲気をたたえていますが、作品自体は控えめで上品。
にもかかわらず作品名『静かな秋の夜の気分です』が個性的でギャップがすごい
(* ´艸`)クスクス



【BB鉛筆さん】
作品:「光のこどもたち」より 「トキ」
作曲家:田中カレン
ひとこと:私のふざけた紹介のせいで、田中カレンさんが「イロモノ」とか「珍獣作曲家」だと思われたのでは、とふと心配になり、今回はシリアスな曲をご紹介します。絶滅危惧動物をテーマにした作品集ではあるのですが、日本のトキって…もう…ね(涙)。
web発表会の「祈り」テーマでもイケる曲だと思います。




作品:「子供のためのピアノ曲集 24の前奏曲」より 20番 変ホ短調
作曲家:芥川也寸志
ひとこと:芥川さんも、これまで優しい感じの曲が続いたので、対照的な雄々しい曲をご紹介します。明らかにロシア風を意識した曲です。
この曲集は、24の調性と「子供でも弾ける」という縛りの中で、いろいろな遊びや実験を尽くしていると再認識。




★かつこめ
BB鉛筆さんが田中カレンさんの「光のこどもたち」でたくさんの曲を紹介してくれたおかげで田中カレンの作品も絶滅危惧種の動物にも詳しくなりました!
トラやマウンテンゴリラは動物園で見るのでなんとなくそんな感じがしませんでしたが、トキは正真正銘の絶滅危惧種(日本トキは絶滅種?)
BB鉛筆さんの演奏からわずかに感じる緊迫感が「光のこどもたち」のテーマにピッタリな感じがしました♪

先日参加したピアノサークルでこの作品を演奏された方がいてびっくり!札幌限定で也寸志ブームなの?!ブーム火付け役の立役者(かもしれない)BB鉛筆さんの演奏、さすがです!



【アンダンテさん】
作品:幻想小曲集より「星ぞら」
作曲家:大辻ゴン
ひとこと:星ぞらはどこまでも広く、でもその美しさをたった1ページに凝縮して示すところが禅寺の石庭のような、邦人作品ならではかと(←こじつけ)。短い中にけっこういろんなストーリーが隠れているような気がします。




★かつこめ
美しく光る星たち、星たちの輝きで薄明るい夜空、澄み渡る空気まで全てが美しく感じられますね。
アンダンテさんがおっしゃる通り色々なストーリーが隠れているような、、いやさすがに禅寺の石庭は思いつきませんでしたが…
(;'∀')
アンダンテさんの音と休符をたっぷりと使った演奏に引き込まれました♪勉強になりますね


現在募集中の企画はコチラ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村



関連記事

コメント

也寸志の時代?

かつさん こんにちは

ええっ、この曲を弾いた方がいたんですか!?
それは聴きたかった…。

これからは、芥川と言えば也寸志ですね♪。

Re: 也寸志の時代?

BB鉛筆さん、こんにちは
コメントありがとうございます♪

やっと也寸志の時代が到来しました!
※ピアノ作品が少ないのが残念です
弾きあい会にBB鉛筆さんがいればよかったのに…と思いました。
BB鉛筆さんのコントラバスのような演奏とは違う、妖艶でダークな色気を放っていました!
((´∀`))ケラケラ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング