記事一覧

バッハの弾き方について、トンチがいまだ解けず

プレインベンションを練習して突然思い出したこと

昔バッハインベンションを取り掛かる前に先生から
「この曲集はバッハがチェンバロという楽器で演奏するために書かれた曲集です。なのでチェンバロのような音で弾きましょう」と言われたことを覚えている。

インターネットなどない時代なので、「チェンバロのような音」はおろか、チェンバロ自体わからなかった。
先生から「スタッカートのように跳ねてはいけないが、レガートで弾いてはいけないと…」と具体的(?)な指示をいただいたが、「このハシわたるべからず」的なトンチかと
※今思えばノンレガートの事だったのだろうか

その後、すぐに先生が変わって「そんなふうに弾かなくていい」との事だったのでチェンバロを意識したことはなかったけど…
今後、バッハを弾くうえでヒントになるかなと思いYoutubeでチェンバロを検索。
25年の時を経て、先生の言わんとしていることが何だったのか判明!!


しなかった


いや、ピアノとチェンバロは形が似ているけど音は完全に別物。このように弾けって言われてもどうすればいいの?
まぁ頭の片隅には入れておこう。

いや、だめだ。そんな余裕ないや。
バッハって曲自体好きなのでそんなに苦手意識がなかったけど…

インヴェイション


インベンション1番。2/23~8/3 発表会の曲でもないのに半年って

終わらないわけだ。

I don't like Bach but Bach don't like me
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング