記事一覧

ピアニスト向きの性格

New先生レッスンでときどき音楽鑑賞になることがあります。
先日、日本人ピアニスト兼某有名音大教授でコンクール等の審査員を務められているA氏の演奏を聴いていた時に
「この方、とてもまじめでいい人なんですよ」と。
続けて「その性格が音楽にも表れていますよね!?とても誠実。ピアニストとしてはつまらない演奏だけれど」

さらりとヒドイ(笑

さらに
「素晴らしいピアニストほど、自分本位で人として付き合いきれない人が多い」
ですと。

確か小澤征爾さんも「今の日本人の演奏は大人しすぎる」とコメントされてたような。。
周りに左右されず、自分のあふれ出る音楽を突き通せるぐらいのいい意味で傲慢さがなくては難しい世界なのかもしれないですね。
日本人演奏家が世界で活躍する姿をもっと見たい!という気持ちはありますが…
協調性を重んじ、先生の指示に忠実な日本人は、演奏スキルや表現力以前にピアニストには不向きな性格なのかも。
近年、中国人や韓国人演奏家が席巻しているのもわかる気がしました。

…などと考えていたら先生から
「ピアニストの話ですよ!かつさんの事ではないですからね」とフォローされました。。

真面目だと褒められたのか、演奏がつまらないとdisされたのか(笑

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング