記事一覧

生まれ変わる気持ちが大切

Old先生のレッスンは教本を使用せず弾きたい曲を弾いています。
今レッスンで弾いている曲

・ピカデリー byサティ
・1曲は極秘…
(予習曲)
・ピアノソナタ K545 byモーツァルト

ノリが悪く、軽やかに弾くことも苦手な私。。
レッスン曲に『ピカデリー』を選曲したことが先生には予想外だったらしく、
「何でも好きな曲を持ってきていいですよ!」と言っていたのですが
1回目のレッスン後「この曲…続けてレッスンされますか?」と質問されてしまいました
(仕上がりが相当悪かったからだと思う)

私も自分には似合わなかったかなと思ったのですが…
『小さな黒人』『ゴリウォーグのケークウォーク 』『ジュ・トゥ・ヴー』など
フランスの軽やかな曲も好きなのでもう少し頑張ってみることにした

…のですが
軽さをだそうと早めのテンポで弾くとミスタッチが多発し『無理してる』感がすごい
強弱を大げさにつけるとフォルテッシモが重くてヒステリックな感じになる
予定通り苦戦中&挫折間近

先生からも
「もっと軽やかに…」
「メリハリをつけて…」
「体全体を使って…」

とうとう
「体の使い方を学ぶために選曲したのですよね…」と言われてしまいました。。
好きだから選曲しただけなのですが…


体を揺らす弾き方に抵抗があり、先生の指示にも正直、拒否反応が出ます。
ただ頑なに「揺らさない」とするのもダメなこと。
うまく弾けるようになるためレッスンに通っているなら、先生の言う通りこだわりは捨てて生まれ変わるつもりで弾こう!


フランスの香りはしない…
軽やかさもない…
ですがノッて弾けるよう頑張って練習しています(ノリを頑張るのも違うかもしれませんが…)

来月あたりに『ドイツ風酔いどれ酒場のピカデリー』UPできたらいいな。。
※もはやサティのピカデリーとは別物になってしまっています

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村




関連記事

コメント

サティ

寺西春雄先生の奥様は寺西昭子といいピアニストでした。そのお弟子さんのブログを見た事はありますか? ポールです。

サティ良いですね。
楽しみに待ってます。

官僚的なソナチネなら譜読みが要らなかった。(笑)

No title

私の先生は、かつさんのOld先生とは逆に、体をあまり動かさない派ですねー
それが現代の主流で、コンクールでもその方がいいとのこと。

それに反して、私の好みは動かす方のようです。
世の中、うまくいきませんねw

No title

一流のプロでも、
体を(顔も含む・笑)かなり激しく動かす人、ほとんど動かさずキレイな姿勢のまま弾く人、
さまざまですね。
個人的には、その人に合ったやり方で良いんじゃないかなと思ってます。動かすにしても動かさないにしても、あまりにも形を意識しすぎるのはどうかな?って気がします。
ただし私の場合、「無駄な動き」が多いようで、それはよく注意されてました(独学ですが、上級者のアマチュアに単発でミニレッスンを受けたことは何度もあるので)。そういう変な癖は、やはり矯正した方がよいかもしれません。

サティのピカデリーとジュ・トゥ・ヴ。私も昔弾いたことがありますよ。こういう軽くて楽しい曲も結構好きです。
ノリ良くしようと頑張りすぎず、素直に音楽を楽しんで練習してくださいね〜♪

Re: サティ

ポール師匠、こんにちは!
返信が遅くなり申し訳ありません。。

寺西昭子さんというピアニストは名前だけ聞いたことがあります。
むしろ寺西春雄先がわからないですが…

ポール師匠もサティ好きですか!?
官僚的なソナチネやぶよぶよ犬、びっくり箱…
名曲というよりは、クセになる曲が多いですよね。

Re: No title

けもネコさん、こんにちは!
コメありがとうございます!
&返信が遅くなり申し訳ありません

完全に入れ違っていますね(笑

体を動かさないのが今のコンクールの主流なんですか!?
日本人の演奏は機械的すぎると一時期言われて、感情を込めるを体現した弾き方が推奨されたのかと思いましたが…
こんどは動いてはいけないのか。。

本当に、世の中上手くいかないですね。。

Re: No title

タワシさん、こんにちは!
コメありがとうございます!
&返信が遅くなり申し訳ありません。。

タワシさん動く派なんですね。。
じつはわたしも中学生ごろまで動く派だったのですよ。
キレイな姿勢のまま弾くことへの『憧れ』と、
ノリノリで弾くことの『恥ずかしさ』からピッタリ止まってしまいました。。
なので止まって弾くにしても無理しているかもしれません
変な癖がつかない程度に弾きたいものです。。
でも『揺れる』と『揺らす』は別物だと思うのですがね…

タワシさんも『ピカデリー』弾いたのですか!!!
聴きたい(さりげなくリクエスト(笑)
…でも『ピカデリー』を弾いたことがあるタワシさんに聴かれるのは恥ずかしいかも。

楽しめるよう頑張ります!(←これが違う!?)

No title

こんにちは。

遅れてのコメントで申し訳ないですが、

体を動かす動かさない、多分どっちでも良いんだと思います。

リズムの取りにくい曲は動かすとリズムが取りやすくなって、弾きやすくなったりしますよね。
私の場合、ノリの良い曲で、無意識のうちに体が揺れている時は上手に弾けているって先生から言われることが多いです。


例えば、ドレミと弾く時に1音1音、体を前に傾けながら弾くと、音は揺れます。動かさない時は、ドー、レー、ミーだったとしたら、前に傾けると、ドぉ~お、レぇ~え、ミぃ~いのようになります。
コンクールで動かさないほうがいいと言われているのはこの為だと思います。

プロは、出た音をコントロールしているので、どんな弾き方をしても問題ないのだと思いますが、アマチュアがプロの真似をして何も考えずに体を動かすと変な音になります。

「手首を下げないで」とよく先生から注意を受けますが、手首が下がっているプロはたくさんいます。
何も考えないで手首を下げると重心が下に行くので音が重くなり、さらに下がっている分次の音への移動が大変になります。
でも、プロはそれを分かったうえで、体や音をコントロールしているのだそうです。

って、全部先生から教えてもらったことですけどね。

どうやって弾いたらどういう音が出るのか、分かったうえで、自分のレベルに合った弾き方をすればどっちでも良いのかなと思います・・・。

音に感情を込めようとして、ただ体を前に傾けても変な音になるだけで、感情のこもった音にはなりません。
出た音を聴いて自分の思う音がどうやったら出るか探さないと・・・。

あまり生意気なことを書くと、また師匠に言われてしまうのでこのへんにしておきます。

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは。
コメありがとうございます!!

よい音/よい音楽が重要なだけでくらぽんさんが言うように体を動かす動かさないはどちらでもいいと思っています。
なので指摘されると「体を揺らすことに意味があるの?」と拒否反応が出るのですが…

個人的に「揺れる」事は自然だと思います。
意図的に「揺らす」または意図的に「揺らさない」はその意図が何なのか…
先生曰く「丹田を意識し脱力すると、芯はあるけど体は揺れる」らしいのですが
私は揺れない。なので「丹田に力が入っておらず、脱力できていない(とまでは言われないですが)」
でも揺らしたところで「丹田に力が入って、脱力できる」という話にはならないと思っています。
ただ、私自身、意図的に「揺らさない」としているところがあって、理由は色々あるのですが深い意味はありません。
そのことを先生も気が付いていると思います。

なので本質(よい音/よい音楽)とかけ離れた「揺らす」「揺らさない」で揉めるのです(揉めてはいないですが…食い違う)

…思いっきり愚痴りました(笑

とりあえず意図的に「揺らさない」とするのは止めようと思っています(高校の時からなので「揺らさない」が自然になりつつあるのですが)
ちなみに手首については特に厳しく言われたりはしないのですが、手首を高く弾くのはNGです。
先生方でも意見が分かれるくらいですから、「正しい何か」はないのでしょうね。。たぶん

くらぽんさんが言う、自分に合った弾き方が一番ですね。

No title

愚痴をこぼすのは大事ですよね。
そうでもしないと、やってられませんもんね。

丹田を意識することと、脱力と体が揺れることの関係はわかりませんが、
丹田を意識したら、腕の余計な緊張が抜けるというのは先生に習っている時に体験したことがります。

言葉の使い方の問題だと思いますが、かつさんの先生は余計な力がなく効率よく体を使うということが言いたかったののでしょうか?

ピアノって何かにつけて、脱力、脱力って言うけど、よくよく話をきいてみると脱力=力を抜くじゃないことが多いですよね。

「揺れる」で思い出したのですが、数か月前からバランスクッションというのを使ってまして、私はそれが面白いなと思っているのですが、話すと長くなってしまうので続きは私のブログのほうに記事作って書きますね。

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは!
コメありがとうございます!

くらぽんさんは理解できますか…私にサッパリわかりません(ポンコツすぎ)
脚の力は抜いて、背中は反らないで、丹田には力を入れて、肩と腕と指の力は抜いて…
この姿勢が無意識にできるようになるだけで何十年かかることやら。。
こんな不自然な姿勢をつづけて『緊張しない』『楽に弾ける』ってどういうことなのか。。

Old先生は色々な例えを使って一生懸命理解してもらおうと説明してくれます(先生に申し訳ない…)
でも私はこの姿勢といい音が出る関連性について理論が理解できないですし、
闇雲に体中のいたることろを力を抜いて、入れてしているのでイライラしてしまう。
あげく、音に注意がいかなくなって音がバラバラになる。
音がバラバラな原因が「姿勢」だと指摘される悪循環…

せっかくアドバイスをくれているのに。。
くらぽんさん申し訳ありません

定期的に来る絶不調中なんです。。。。。
また懲りずに来てください。

No title

脱力は一日にしてならず。
なので、あまり気にし過ぎない方がいいのかもしれません。
そういう私も脱力ができなくて、できないことでかなり悩みました。
今もできてませんが、そんなにすぐにできるようになるもんでもないから、悩まなくてもいいんだと思うようになりました。

音がバラバラな原因は「姿勢」だと言われたら、何とかしなくちゃと思て思ってしますよね。でも姿勢以外にも改善法はあるんじゃないかと思います。
私の先生は弾けない、できないと私が言っていると「気持ちで何とかなる」なんて言ったりします。
フォームやテクニックが不十分でも気持ちで補える部分って意外と大きいと思います。

姿勢や脱力は、先生に言われたらちょっと頑張ってやってみて、できなかったら無理せずに一旦頭の片隅に置いてちょっと忘れて、また言われて直して、その繰り返しでちょっとずつできるようになっていくぐらいのゆったりした気持ちで考えていていいのかもしれません。

う~ん、でも骨格や体の使い方は一人ひとり違うから、だから音も違う訳で。なんとも言えないのですが、私のコメントの中に何か参考になりそうな内容があったら、拾ってみてください。

Re: No title

くらぽんさん、こんにちは!
コメありがとうございます!

そんなに簡単に脱力が出来れば誰しもピアニストですね(脱力だけでは無理!)
最近は脱力より体の使い方/動かし方についての指摘が多くて。
出来ていないことは十分に承知しているのですが気にしないようにしてもレッスンのたびに指摘されるので…
といってもこんなにダイレクトに指摘はされないですよ!
Old先生もとってもやさしい先生なので「脱力が出来ていないから音がバラバラだ!」とは言いません。。
自分が気にしているだけで。。

ピアニストのルイサダ氏のレッスンでいつも言われるのが「演じること」の重要性
(リアル)演技の本を読みなさいと指示されるそうなんです。
「気持ちで何とかなる」というのもかもしれないですね。
テクニックが不十分でも気持ちで何とか…ツィメルマンにでもなった気分で…

ツィメルマンはこんなに下手じゃない(笑

焦らないでゆっくり…いつか気が付いたら「習得していたわ」ぐらいがいいのでしょうね。
ピアノ再開組なので、過去の自分や同じ再開組と比較して「自分ももっと…」と焦りが出てしまいます。
くらぽんのサイトも参考にさせていただきます。
いつも一緒に悩んでくださってありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつさん

Author:かつさん
小学校から高校までの約10年間ピアノを習い続けましたが

ハノン+ソナチネ+チェルニー30番+インヴェイションしかたどり着けずorz..

20年だった今ではバイエルすら満足に弾くことができません。

もはや、逆に奇跡!!!!

※リンクについて

お気に入りピアノブログを”勝手”にリンクさせていただきました。。 リンク設定拒否の方はお手数ですがご連絡ください!

ブログランキング